exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
PROFILE
5月生まれ。9歳の時、家族でニューヨークに移住。
97年1月、Ryuichi Sakamoto featuring Sister M名義でデビュー。
99年、本名で本格的に音楽活動を開始し、映画「鉄道員」の主題歌、そしてフルアルバム「DAWN PINK」をリリース。
05年11月16日、Honda企業CMに使用されている『The Never Ending Story』をリリース。
現在、音楽活動に加え、連載や映画評などの執筆、翻訳、ジュエリー・ブランド「aquadrops」のプロデュースなど 創作の幅を拡げ、日本/NYを行き来しながら猫と一緒に音楽漬けの生活をしている。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
INFORMATION
ニューアルバム『Zoy』発売中!
『zoy』

MIU SAKAMOTO MY SPACE

坂本美雨がプロデュースするジュエリー「aquadrops」ネットストア

"フジロック出演決定"
フジロックフェスティヴァルに、
おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)として 出演します。
是非遊びにいらして下さい

<FUJI ROCK FESTIVAL 09>

会場:新潟県苗場スキー場(新潟県湯沢町三国202)
7月25日19:45~(予定)
@AVLONステージ

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

「横浜開港150周年 開国博 Y150」
開国博『Y150』のパビリオン内で上映される
スーパーハイビジョン映像作品
「gift~未来へのおくりもの」テーマソングの作詞・歌を担当しました!

http://event.yokohama150.org/

場所:ベイサイドエリア/スーパーハイビジョンシアター

日時:4月28日(火)~9月27日(日)
10:00~22:00(1時間に3回上映予定)

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

<ZIP-FMレギュラー番組>
『中部電力 Future Standard』
ZIP-FM(ラジオ)
毎週日曜日/9:35~9:50

名古屋のFMラジオ、 ZIP-FM [77.8MHz] でレギュラー番組をナビゲートしています。
メッセージ募集中です!

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


アイスランドに行ってきました。
PAPER SKY(NO.27)の特集で掲載されています。
『PAPER SKY』

CLICK!?アイコン
「デコレ村の絵文字たち」

【sorato for au design project】
'sorato' for au design project
/Takagi Masakatsu+Miu Sakamoto
『sorato』
iTUNES Music Storeで配信が始まりました。
また、日本国内モバイル配信は、レーベルモバイル、ドワンゴ、ハドソン、ツタヤオンラインでも5月21日から開始されました。

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


川井憲次コンサートDVD発売
◆川井憲次さんの集大成として 昨年11月に行われたコンサート、 「川井憲次コンサート2007 Cinema Symphony」の LIVE DVDが発売されます。 サカモトもゲスト出演し、2曲唄っています。

amazonで購入する


細野晴臣 STRANGE SONG BOOK/V.A. -Tribute to Haruomi Hosono 2-
2008年1月23日発売(¥3999税込)
RZCM-45783~4/B
教授のレーベルcommmonsからリリースされる、 細野晴臣さんのトリビュート・アルバムの第2弾に参加します。
サカモトは、蓮実重臣さんと一緒に参加します。


詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


“せかいでいちばんあたまのいいいぬ ピートがっこうへいく”
矢野さんと一緒に絵本の和訳をしました。

NY在住の実力派デザイナー・イラストレーターで、 人気ブランド「ケイト・スペード」とのコラボレーションでも有名な マイラ・カルマン著の、とっても楽しい絵本です。

10月以降より店頭に並ぶ予定ですが(日程未定) アマゾンにて予約が始まりました。

「せかいでいちばあたまのいいいぬ」
¥1890(税込)
出版社:リトル・ドッグ・プレス
発売日:10月25日

購入はこちら!

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


坂本美雨の着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中!
着うた(R)サイト『Excite Music』では「THE NEVER ENDING STORY」をはじめ、着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中です!
是非アクセスしてみてください!
◆アクセスURL
http://music.excite.co.jp/
◆QRコード
QRコード

iTUNES MUSIC STOREにて配信決定!
5月24日リリースのニューアルバム“Harmonious”よりの9曲に DJ CLAZZIQUAI による「The Never Ending Story」の リミックスをiTUNES限定トラックとして新たに加えた 特別アルバムの配信が決まりました。

是非チェックしてください♪
D/L価格:¥150(1曲)/¥1500(10曲アルバム)
配信開始:6月14日予定

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。

12月12日、NEWアルバム発売決定!
「朧の彼方、灯りの気配」
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)
『朧の彼方、灯りの気配』
「朧の彼方、灯りの気配」発売中
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)

SPECIALコンテンツはコチラ


『Harmonious』 発売中!
『Harmonious』
YCCW-10024/ ¥2940(Tax in)
購入はこちら!

「The Never Ending Story」
シングルCD発売中!
The Never Ending Story
2005.11.16発売 CCW-30004
1,050(税抜価格1,000)
購入はこちら!

坂本美雨 NEWS LETTER配信!
春には、ニュー・アルバムの発売も決まったり、ワンマン・ライブも予定している坂本美雨の情報を、いち早く早くお届けする予定です。
配信には、登録が必要になりますので是非登録してください!
登録は、坂本美雨オフィシャル・サイトより!

坂本美雨へのメッセージはコチラへ
aquascape@miuskmt.com
LINK
CATEGORY 
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

カテゴリ:theater/dance( 41 )

今は、
プロモーションやライブが一段落し、
また仕事でいろいろな土地に出かける時期に入る前の、
吸収と創作の期間です。
書いたり撮ったり創ったりはもちろん、
ひさしぶりに人に逢ったり、
舞台観に行ったりということを
集中的にしているところ。


これから観る予定の公演・・・>>


熊谷和徳さんのソロタップ5日間連続の公演。
毎日違うゲストが出演。
友達のCandle Juneが舞台演出しています。
(@青山円形劇場)

★ヤン・ファーブルの
『主役の男が女である時 Quando l'uomo principale e una donna』
(@彩の国さいたま芸術劇場)

★珍しいキノコ舞踊団の伊藤千枝さんのソロ公演 
『私、潜るわ』
(@シアタートラム)

『アンデルセン・プロジェクト』(@世田谷パブリックシアタ−)


あれ? ほとんど踊りだ。
なんとか時間をやりくりして
観に行けるといいなぁ・・・



今月は、長塚圭史さんの『ウィー・トーマス』と
小林顕作さんが出演した『散歩する侵略者』しか観ていない。


『散歩する侵略者』は、J-waveでも話したけど、
すごい怖かったなぁ…。
もうすぐ戦争が始まりそうな日本の、
軍の基地が近くにある小さな町で、
宇宙人が町人の身体を乗っ取り、
話している相手の”概念”を次々と奪っていく。
”概念”を奪うことによって、地球侵略を企てる。
所有、禁止、悪魔、、、愛。
様々な概念を奪う。

とにかくとてもうまく構成された芝居で
芝居としてすごく楽しめるものだったのだけど、
その、概念を失った人間が豹変する様や
中身は宇宙人の人間の常軌を逸した笑い声とか
頭上を飛ぶ戦闘機の激しい音とか、
いろいろなことが目の前に針を向けられているように
身体にストレスがかかり
怖くて怖くてしょうがなくて、
舞台が終わって新宿の街に出たら、
とてつもない異空間に投げ出されたようなシュールな感じと、
さっきの身体へのストレスが相まって、
道ばたで、大泣き。

おかしな作用をする舞台でした。


そんな風に”生”の人間が目の前にいることによって
脳みそを変に揺さぶられるのが嫌い、
だから、舞台は苦手だ、という人がいるけれど
それが中毒になるのですね。たぶん。
[PR]
by miuskmt | 2006-06-25 09:53 | theater/dance


5月はダンス・カンパニーコンドルズにたくさん触れ、
またお世話になった。

このブログでも何回も書いているけれど、
コンドルズ主宰の近藤良平さんが
「The Never Ending Story」のPVで舞ってくれました。


4月の東京グローブ座公演も
2回ほど観に行かせてもらったのだが、
サッカーがテーマになっていて、
”40分、ゲストを加えての15分ハーフタイム、40分”
というサッカーと同じ構成。

「勝利への脱出ーSHUFFLE」
さいたま彩の国芸術劇場公演では
その内容を”シャッフル”して
90分の一本の作品にするという試み。
彩の国劇場だと、ステージがより絵画的に見えて美しいし、
良平さんの振り付け独特の
”人と人とのコンタクト”や連鎖がとても映える。

f0064823_2213736.jpg

花のサッカーボール。



コンドルズは私にとって
他のダンスや演劇の舞台とは異なった作用をする。
「生」と「イマジネーション」、
一見両極端のものが、同時に存在するからだと思う。

”完成されていない揺らぎ”や”隙間”が好きだ。

揺らぎや隙間があるから、
受け取るだけでいっぱいいっぱいにならず
イマジネーションにすぐに変換されていく。
自分の細胞の中で増幅する気がする。

と、同時に、そこに”衝動”もある。
生身の人間が、目の前で動いていてくれるだけで、
ただそれだけで、嬉しい。


それって、近藤良平さんのワークショップなどで
実際に自分が踊ってみても、一番感じることだ。

自分の身体が動いているということが、
ただただ楽しく、嬉しい。
そしてその動作は、周りの人や物や状況と
連鎖反応があることも、歓び。ヨロコビ。
そうやって毎日毎日、
私達は身体で人と繋がっているのだと思うと。


…反応する能力。
そういえば、
「反応する能力」=RESPONSE+ABILITYが、
RESPONSIBILITY=”責任”という言葉になることも、興味深い。


あ、話がそれてしまう。

とにかく、コンドルズには励まされてばかり。



先日はコンドルズのバンド・プロジェクト
「THE CONDORS」のワンマン(@O-West)も観に行った。
7月末にメジャーデビューもする。
こちらは、真面目なロックバンド。
メンバーのバンド活動歴も長いし、
それぞれが歩んできた道に基づいている感じがして感動する。
あんなに真っすぐに歌えたらな……
”好きでやっていたらこうなった”って、
ほんと周りを幸せにする力を持ってる。


そして次の日(5/24)、
コンドルズが司会する深夜生放送のJFNラジオ番組
WANTED!に急遽ゲスト出演することになった。
深夜3時〜5時の、ロックな番組。

司会は勝山さん、近藤さん、青田さん。
深夜の生放送・・・楽しい!
…が、生の勢いで、
今まで打ち明けたことの無い秘密を
全国ネットでもらしてしまった。
まっっ、いっか。


ただ一つ、気がかりだったこと。
その中に恋の相談コーナーがあり、
実際に相談者と電話を繋いで話をするのだけど、
8年間遠距離恋愛をしていて結婚を切り出さない彼に
悩んでいるという方からの相談に対し、
思ったことをストレートにわーーっと言ってしまった。
でも生放送が終わって家に帰ってしばらく考えていたら、
こんなコムスメが言ってるんじゃ説得力もないし
生意気いってしまった・・・
言い方も配慮がなかった…と、悶々とした。

だけど、後日、その相談者の方が
私のオフィシャルサイトの掲示板に書き込んでくださり、
すごくホッとした。ありがとう。
ほんとは直接お手紙したいくらいだけど。
様々な事情を知らないのに、
勝手に判断を下しちゃってごめんなさい。

f0064823_10384559.jpg

おつかれさまでした!
(良平氏、朝陽をめいっぱい受けて・・・)


f0064823_3294038.jpg朝5時近く、生放送が終わりに近づき、スタジオの中に美しく強烈な朝日が射し込み、爽快な朝を迎えました。


しかし この日、私は朝9時の生放送番組のゲスト出演があったため、いったんうちに帰ってシャワーを浴び、3時間後には全く同じスタジオの椅子に戻ってきていたのでした…。
[PR]
by miuskmt | 2006-06-03 23:06 | theater/dance


f0064823_10521297.jpgSPUMAにオープンと同時に行って たまたま日本に来ている兄たちに『Harmonious展』を見てもらって、お茶をした。

空調で、天井から吊ってある花とかが揺れていてとても綺麗。
昼間は店内が明るいので
映像があまりくっきり見えないのが残念だけど。


あと一週間ちょっとで撤去しなくちゃいけないなんて
寂し過ぎる・・・・!
あとすこしですよーーー!
ぜひ、足を運んでみてください。

渋谷の公園通りを上がって、
パルコのスクランブルを過ぎたら最初の角を右折。
(道の左側にはちょうどファミマがあります。)
ふたつ目の左角にSPUMAはあります。
本当に 気持ちいい空間です。




その後、池袋サンシャイン会館へ
ダンス・ミュージカル『クラリモンド』の
東京千秋楽を観に行く。

『クラリモンド』はゴシック・ロマンの世界。
安寿ミラと、元ACCESSの貴水博之さんが主役で、
ダンサーの森山開次さん、舘形比呂一さん、
タップダンサーの熊谷和徳さんという異色のメンバー。
構成・演出は栗田芳宏さんで、
振り付けは、H アールカオスの大島早紀子さん。

吉田鋼太郎さんの劇団のシェイクスピアシリーズで
とても信頼されている谷田歩さんは
声も存在も技術もどっしり安定していてすごく勉強になる。

タップダンサーの熊谷さん、とても好き…
あんなにタップは迫力があるのに、
どこかやんちゃな感じがして。

そしてなんといっても
森山開次さん、素晴らしかった…!
やっぱり大好きです。

たぶん、普段からものすごく「観察」しているんだと思う。
動物とか、子供とか、ありとあらゆる生きるものを。
子供みたいな目で。

技術や振付の難しいことは練習と経験で出来ても、
彼に感じるのは「踊り」じゃなくて、
”しなやかさ”でも”美しい動き”だけでもなくて、
彼の中に、なにか強く惹き付けられるものがあって
色々な生命体が彼の身体の中に生きているような感じ。

手をひろげただけで、
その指の先に透明な糸がついていて
それがフワッと舞っているのが見えるような気がした。

引き込まれる彼の世界が心地よいし
活動のスタンスといい、本当に尊敬してしまう。

f0064823_10514789.jpg



ところで・・・
最近 ついにここも
ゴミリンクが大量に貼られていくようになって
お見苦しくてすいませんm(_ _)m
せっせと削除してるんですけどね。
どんどんコメント書いて 流してくださーい(笑)
[PR]
by miuskmt | 2006-05-23 10:37 | theater/dance

家で地味な仕事をいくつか片付けるが
なぜか集中できず
中途半端なところで、出かける時間。

大駱駝艦の公演へ。
吉祥寺の前進座にて。
近藤良平さんの「私の恋人」に引き続き、
今週2回目の吉祥寺だなぁ。

前から2列目だったので
初めて、表情や舞台美術が細部まで観察できた。

だけど、この舞台は、あまり近過ぎるのは
私にとって良くなかったみたいだ。
皆 同じような白塗りの体に見えても、
やっぱり違う気がする。
外側の枠だけが”異形”のカタチをしているのに、
中は違うな、ってなんとなく感じてしまう人がいて。

当たり前だけど、やはり麿さんは凄かった。
無駄な動きがほんの少しも無い。
なにかの“フリ”をすることが無いから、
動きの一つ一つは、むしろ普通に見える。
常に、ベクトルが一つのように思える。
腕を上げる時はただ上げる、
倒れるときはただ倒れる、
麿さんは、無駄に異形っぽくしたりする必要がぜんぜん無い。

”柱ゆらゆら”の演出は空間が歪んで印象的。
百合の花も。


カーテンコールの時の麿さんの仕草に、
ふいに涙が出た。
手の平の中に、客席をぜんぶ掴み、包んだ、
そんな気がした。


ところで 駱駝のみなさん、
あんなにまばたきしないで、平気なのかなー。
見ているだけで目が乾いてきます(笑)。


終演後、外に出ると、雨・・・。
”雨の吉祥寺”
あれ…?
・・・デジャブだ。
[PR]
by miuskmt | 2006-05-20 11:06 | theater/dance

さいきん 
あんまり家で物が書けないので
(というかあんまり家にいない)
更新おこたり中・・・
スイマセン。

いっぱい書きたいことはあるのだけど…!

とりあえず昨日のことから。

昨日は 幕張で
>bayFMの『BAY COMFORT』に出演したあと、
千絵ちゃんと待ち合わせをして
多摩美の学生さんの展覧会を高円寺へ観に行き、
それから吉祥寺へ。

千絵ちゃんと、大塚さんと、
吉祥寺シアターで

近藤良平さんとBATIKの黒田育代さんのデュオ公演
『私の恋人』を観る。

良平さんはどこにいても
だれといても 全然変わらない。
すばらしい。
ちゃんと中身がギュッと詰まって、
それだけで生きているって感じがする。


その後、3人で近くの焼き鳥屋さんへ。
テーブルに乗りきらないくらいたのむ。
ニンニク丸まるホイル焼きを一カケ食べたら
カーッとテンションが上がって
3日ぶりくらいにまともにごはん食べれた。
体がびっくり!
ほんっとウマかった…!


深夜、ハヤシさんのうちで、
「WANTED」を聞きながら、
ホッとして うとうと。
[PR]
by miuskmt | 2006-05-18 12:21 | theater/dance

最近、高木正勝さんの新譜
『Air's Note』がめっちゃくちゃ好きです。
朝起きたら、2曲目の「Crystallized」ばっかり
繰り返し聞いて過ごしています。



先日、俳優座劇場で『女相続人』の初日を観ました。
ヘンリー・ジェームズの小説「ワシントン広場」を戯曲化した作品。
親友がメイド役で出ているのだが、
他の出演者はほとんどベテラン役者たち。
特に主役のおじさま、ドクター・スロウパー役の
鈴木瑞穂さんの素晴らしさにはガーーン!でした。

彼がいるだけで、舞台全体が温かみを増すし、
ステージからいなくなっても彼のおもかげが残っている。

文学座の八木昌子さんにしても、うまい。
私はあまりまだ演技のうまい・ヘタが
よくわからないというか、
なんとなく感じるところはあるけど
なにで判断しているのかよくわからないのだが、
抜群にウマイということだけは肌が感じる!


プロの仕事とはこういうことか…!と、目からウロコ!
“セリフが相手にちゃんとかかっている”って、
こういうことを言うのね。
現代劇じゃないから必ずしも
自然な言い回しというわけではないのに、
台詞がちゃんと自然に“会話”、“対話”になっているのだ。

主役のキャサリンもうまかった。切実だった。
最初と最後の顔の違いもすさまじいし。

単純に、いい戯曲だし。
うーーーーむ。
いいものを観ました。

そのパンフレットに、
親友の瀧田陶子の紹介文を執筆しました。
f0064823_4105910.jpg


俳優座劇場プロデュース公演『女相続人』 〜4/23(日)まで
[PR]
by miuskmt | 2006-04-18 04:16 | theater/dance

昨日は友人が出演する舞台を観にいきました。
劇団「亜細亜象演劇卸売市場」の本公演、
「正義はいつも我にあり」。


12人の刑事達が集まる、会議室。
バラバラの12人が、ある未解決事件の捜査にあたるなかでの、
入り組んだ人間模様、それぞれの過去。


すっごく面白くて、げらげら笑っていました。
なぜか子供のお客さんも多く来ていて、
内容は殺人事件で難しいのに、
やっぱり面白いところではしっかりくいついてちっとも退屈していなくて、
かれらと一緒にげらげら笑えることがすごく嬉しかった。

ジーパン刑事、ほんっと愛される人!
友人も、今までみたことのないキャラクターに挑んで
すごく魅力的だったし、
一人一人がちゃんと役割を果たしていて、
誰も変な自意識がなくて、すごくいいチームの12人だった。
いい舞台を観た……!




チーと彼と、友人とで豚しゃぶごはん。
その後チーとだけお茶をして、女2人、やさぐれ乙女全開。
f0064823_6525425.jpg


あとで合流した幼なじみのゆーないとと3人で、モンスーンで朝まで。
西郷山公園で震えながら早朝の花見…。

湿った、春のにおいがして
細胞が入れ替わるようだった。
[PR]
by miuskmt | 2006-04-01 07:10 | theater/dance
身体の中にモヤモヤがたちこめて
なんだかブスになりそうだったので、

一昨日は近藤良平さんのコンテンポラリーダンスのクラス、
昨日は恵比寿のダンススタジオのジャズダンス初級、
ひさしぶりに2日連続ダンスに行ったら
身体中の筋肉が悲鳴上げてる…

ベッドから起き上がるのも一苦労…
いつもは使わない筋肉がびっくりしてぷるぷる震えてる。


でもまた来月までしばらく通えなくなるから
今日はもうちょっと上の、
全然ついていけないジャズクラスへ。
尊敬するダンサー/振付家のクラス。
宝塚の方々とかたくさんいるなかで、
踊れなさすぎて、まわりのみんなに迷惑かけてしまうんだけど…。


身体の中にモヤモヤがたまって苦しいより、
歩くのが苦痛なくらい身体が痛いほうがまだ楽だなぁと思う。
[PR]
by miuskmt | 2006-03-10 13:21 | theater/dance
最近ぜんっぜんうちにいない!
書きたいことどんどん溜まっていって、
もどかしいなぁぁぁ
携帯から投稿できるようにならないと、だめですね・・・


ここ5日間は、芝居のワークショップに通ってます。
今年に入ってから通っている、
俳優・壌晴彦さんのワークショップ。
元・劇団四季、今は蜷川幸雄さんの舞台など多く出演したり、
「24」「バグズライフ」など声の仕事もたくさんやっていて
劇団「座」も率いている方です。


「どんな人?」と聞かれたら、
尊敬の意を込めて
「・・・妖怪のような」と答えています。


だって、ぜんぶお見通しなの。
かっこつけたって一瞬で見抜かれちゃう。
コンプレックスや自己愛や全部、
その「居姿」で悟られてしまう。
ましてやそれで芝居なんかやったら、バレバレ。


前回はそれでこっぴどくダメだしを受けて
みぞおちが気持ち悪くなるくらいだったし。

でも、だからこそ信頼しています。


はるかに演劇以上の、
あらゆることを学んでいます。
といっても全部繋がっているのだけど。


『自分で責任とってる演技なんて、ぜんっぜんおもしろくないよ』


今は『平家物語』の詠みに挑んでいます。
最初は外国語みたいだったけど、
ほんと楽しいです。
このことはまた詳しく、次回に。
[PR]
by miuskmt | 2006-03-05 10:38 | theater/dance
ともだちの宣伝!

ーーーーーーーーーーーー

★SPACE LAND★

友人の川村早織梨ちゃんが座長を務める
劇団「SPACE LAND」の初公演です。
http://blog.livedoor.jp/spaceland/

音楽は、友人のMCU(fromKICK THE CAN CREW)が担当します。

『ソウルメイト』
@大塚萬スタジオ
03.01(水) 19:00
03.02(木) 19:00
03.03(金)14:00 19:00
03.04(土)14:00 18:00
03.05(日)14:00

前売3000円(金曜14時は半額)/当日3500円

出演★
川村早織梨/大島信一
亀蔦健一/小池妙佳/加藤晃大
上杉晋平/滝澤翼/伊藤さやか

原作★川村早織梨
演出★IKKAN
脚本★千葉美鈴
音楽★MCU(マツリルカ+KICK THE CAN CREW)


ーーーーーーーーーーーー

★〈ユーゴザパト劇場〉が3月に来日します★

「ユーゴザパト劇場」は、
去年私が出演した舞台
「夏の夜の夢」の演出家・野崎美子さんが
所属するモスクワを代表する劇団です。


〈マクベス〉
3月21日(祝)14:00、25日(土)13:00,18:00、26日(日)14:00
〈巨匠とマルガリータ〉
3月22日(水)、23日(木)19:00、24日(金)14:00
場所:アートスフィア(天王洲アイル)
料金:S席¥7000、A席¥5500、B席¥4000
[PR]
by miuskmt | 2006-02-25 01:56 | theater/dance
Copyright ©1997-2005 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム