exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
PROFILE
5月生まれ。9歳の時、家族でニューヨークに移住。
97年1月、Ryuichi Sakamoto featuring Sister M名義でデビュー。
99年、本名で本格的に音楽活動を開始し、映画「鉄道員」の主題歌、そしてフルアルバム「DAWN PINK」をリリース。
05年11月16日、Honda企業CMに使用されている『The Never Ending Story』をリリース。
現在、音楽活動に加え、連載や映画評などの執筆、翻訳、ジュエリー・ブランド「aquadrops」のプロデュースなど 創作の幅を拡げ、日本/NYを行き来しながら猫と一緒に音楽漬けの生活をしている。
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
INFORMATION
ニューアルバム『Zoy』発売中!
『zoy』

MIU SAKAMOTO MY SPACE

坂本美雨がプロデュースするジュエリー「aquadrops」ネットストア

"フジロック出演決定"
フジロックフェスティヴァルに、
おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)として 出演します。
是非遊びにいらして下さい

<FUJI ROCK FESTIVAL 09>

会場:新潟県苗場スキー場(新潟県湯沢町三国202)
7月25日19:45~(予定)
@AVLONステージ

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

「横浜開港150周年 開国博 Y150」
開国博『Y150』のパビリオン内で上映される
スーパーハイビジョン映像作品
「gift~未来へのおくりもの」テーマソングの作詞・歌を担当しました!

http://event.yokohama150.org/

場所:ベイサイドエリア/スーパーハイビジョンシアター

日時:4月28日(火)~9月27日(日)
10:00~22:00(1時間に3回上映予定)

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

<ZIP-FMレギュラー番組>
『中部電力 Future Standard』
ZIP-FM(ラジオ)
毎週日曜日/9:35~9:50

名古屋のFMラジオ、 ZIP-FM [77.8MHz] でレギュラー番組をナビゲートしています。
メッセージ募集中です!

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


アイスランドに行ってきました。
PAPER SKY(NO.27)の特集で掲載されています。
『PAPER SKY』

CLICK!?アイコン
「デコレ村の絵文字たち」

【sorato for au design project】
'sorato' for au design project
/Takagi Masakatsu+Miu Sakamoto
『sorato』
iTUNES Music Storeで配信が始まりました。
また、日本国内モバイル配信は、レーベルモバイル、ドワンゴ、ハドソン、ツタヤオンラインでも5月21日から開始されました。

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


川井憲次コンサートDVD発売
◆川井憲次さんの集大成として 昨年11月に行われたコンサート、 「川井憲次コンサート2007 Cinema Symphony」の LIVE DVDが発売されます。 サカモトもゲスト出演し、2曲唄っています。

amazonで購入する


細野晴臣 STRANGE SONG BOOK/V.A. -Tribute to Haruomi Hosono 2-
2008年1月23日発売(¥3999税込)
RZCM-45783~4/B
教授のレーベルcommmonsからリリースされる、 細野晴臣さんのトリビュート・アルバムの第2弾に参加します。
サカモトは、蓮実重臣さんと一緒に参加します。


詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


“せかいでいちばんあたまのいいいぬ ピートがっこうへいく”
矢野さんと一緒に絵本の和訳をしました。

NY在住の実力派デザイナー・イラストレーターで、 人気ブランド「ケイト・スペード」とのコラボレーションでも有名な マイラ・カルマン著の、とっても楽しい絵本です。

10月以降より店頭に並ぶ予定ですが(日程未定) アマゾンにて予約が始まりました。

「せかいでいちばあたまのいいいぬ」
¥1890(税込)
出版社:リトル・ドッグ・プレス
発売日:10月25日

購入はこちら!

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


坂本美雨の着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中!
着うた(R)サイト『Excite Music』では「THE NEVER ENDING STORY」をはじめ、着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中です!
是非アクセスしてみてください!
◆アクセスURL
http://music.excite.co.jp/
◆QRコード
QRコード

iTUNES MUSIC STOREにて配信決定!
5月24日リリースのニューアルバム“Harmonious”よりの9曲に DJ CLAZZIQUAI による「The Never Ending Story」の リミックスをiTUNES限定トラックとして新たに加えた 特別アルバムの配信が決まりました。

是非チェックしてください♪
D/L価格:¥150(1曲)/¥1500(10曲アルバム)
配信開始:6月14日予定

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。

12月12日、NEWアルバム発売決定!
「朧の彼方、灯りの気配」
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)
『朧の彼方、灯りの気配』
「朧の彼方、灯りの気配」発売中
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)

SPECIALコンテンツはコチラ


『Harmonious』 発売中!
『Harmonious』
YCCW-10024/ ¥2940(Tax in)
購入はこちら!

「The Never Ending Story」
シングルCD発売中!
The Never Ending Story
2005.11.16発売 CCW-30004
1,050(税抜価格1,000)
購入はこちら!

坂本美雨 NEWS LETTER配信!
春には、ニュー・アルバムの発売も決まったり、ワンマン・ライブも予定している坂本美雨の情報を、いち早く早くお届けする予定です。
配信には、登録が必要になりますので是非登録してください!
登録は、坂本美雨オフィシャル・サイトより!

坂本美雨へのメッセージはコチラへ
aquascape@miuskmt.com
LINK
CATEGORY 
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

カテゴリ:theater/dance( 41 )
ライブの準備と ラブ・レターズと
衣装探しに走り回る数日間。


ISETANでベアブリックのキャンペーンをやってて
かわいくて思わず4色まとめ買い。
ピンクのは、目をつむっているのだ。

f0064823_11371910.jpg



* * *


昨晩はグローブ座にてG2さん演出の
『フライパンと拳銃』を観劇。

いりくんでいるのにとても解りやすくて
見た後 とても充実感のあるストレートプレイ。
チャーミングな方々ばかり。

以前共演したM.O.P.の三上市朗さんが出ていらして、再会!
一緒のお芝居してた時の三上さんは「野生」という役名で
文字通り野生な役だったのだが、
今回もある意味 野性的だった…。


* * *


"みう" "みゆ"が今年の女の子の赤ちゃんの
名前付けランキングで
10位以内に入っていて、びっくり!

自分が小さい時は本当にいなかったので
名前のラベルとかタグとかも絶対に"みう"なんて無かったし…
最近ちらほら見かけては、あったー!って感激してしまう。


* * *
[PR]
by miuskmt | 2008-12-09 12:53 | theater/dance
一昨日、世田谷パブリックシアターで
山海塾の新作『降りくるもののなかで―とばり』を観てきました。


ステージ中央には大きな楕円のプラットフォームがあり、
その中に無数の星が瞬いたり、
マットな質感になったりもする。

それは宇宙の隅っこから覗き込んでいるようにも、
ブラックホールのようにも、銀河のようにも見える。

ステージの背景も、一面、降るような星になる。


いくつかのシーンがあり、
それは何の説明もないけれど、
太陽、惑星、砂漠、誕生、水面、
生き長らえること、"生き物"であること、
星の裏側、時が同じ方向に進むこと、
細胞がぶつかること、
昼が夜になり、また昼になること、
脈略がないけれどそんなことが浮かんでくる。


ぽやーっと引き込まれて、
遠近感も無くなるようでした。


そしてその楕円の上で踊る、
天児牛大氏のソロは、鳥肌でした。

何に対しての叫びなのかうまく言い表せないけれど、
人間みんなが身体の中に持っている畏れに
直に触れられたようで、
言葉にならない震えがくる。


山海塾official site

ココでダイジェスト映像が見れます。


来週はなんと、別の公演を上演。
『時のなかの時―とき』。
楽しみ・・・。


* * *


ところで、このチケットは、
いつもはeplusなどネット販売のヘビーユーザーなのだけど、
一ヶ月前、ついでの用があった時にパブリックシアターの
チケットセンターに直接買いに来ました。


その時に、座席表を見ながら、
どの日にちのその席がまだ空いている…と教えてもらいつつ、
席はもうかなり埋まっていて、
一階の少し端よりの席か、
二階の2列目の真ん中よりの席か、、で迷っていたのです。

私は目がものすごく悪いので、ちょっと端のほうでも
少しでも距離が近いほうを選んでしまうのだけど、

その受付の方が
『この公演は、正面から観たほうがいいので、
二階の真ん中をお勧めします。』と断言してくださったのだ。


実際に公演を観てみてその意味がよく解り、
受付の方のあの時のプロフェッショナルぶりに
改めて感激してしまった。


正面に楕円があるというのが、とても大事だったから。
上から見下ろす、楕円の中の星たち。

楕円のプレートは平たいので、
二階からは、
星で埋まった楕円と
踊る人の関係性を俯瞰で眺めることができる。
そのことでより、宇宙を感じられた気がする。


ただチケットを売ればいい、ということじゃなくて、
それがどんな公演であるかを
その方が把握していてくださったからこそだし、
お客がより満喫できるようにアドバイスするという
プロの仕事をしてくれたんだと思った。


それに、それは勇気のいることだとも思う。
"人それぞれだから"といって何も言わないのは簡単だから。

自分の好みを押し付けないのは大事なことだけれど、
そうなりすぎてもよくないと思う。

自分が強く思うことや、
自分の知識や体験に基づいて言えることは
堂々と言い切ってもいいんじゃないかと。

その方は『一階も、二階の正面も、まぁ好きずきですから…』
と言うこともできたわけだし、
特にこういう公演の場合は本当に好きずきだし、
実際一階の端でも充分楽しんだと思うけれど、

でもやっぱり"ここがいいと私は思う"と、
教えてもらえて、よかった。


小さな出来事を長々と書いてしまいましたが…


公演の素晴らしさと共に、
一ヶ月の時間差で受付の方にも感謝を抱いたのでした。
[PR]
by miuskmt | 2008-10-05 10:59 | theater/dance

佐藤江梨子ちゃんとデートで、
パルコ劇場でやっている
長塚圭史さん演出の『Sisters』を見にいきました。

鈴木杏ちゃんと、松たかこさんが主演。


杏ちゃんの存在感、声がとても強くて、
舞台上の一瞬一瞬の輪郭がくっきりと飛びこんできて、
わしづかみにされ、
終始 どきどきしていた。


松さんの集中力にも鳥肌がたち、

観るほうもものすごくエネルギーがいる
強烈な舞台で、くらくらするほど
血がざわめいた。


f0064823_14225273.jpg


その後、江梨ちゃん杏ちゃんと3人でお茶をして、
アップルパイを分けあってたべる。

2人は姉妹のようで、

いとおしくて、たまらない。

なんだろう、この優しい時間。
[PR]
by miuskmt | 2008-07-14 14:35 | theater/dance
f0064823_11544584.jpg

昨晩は、下北のスズナリで
劇団【鉄割アルバトロスケット】による
『鉄割のアルバトロス』の初日に行ってまいりました。


始まった瞬間に脳みそシャットダウン。
口はぽかーんと開けっぱなし。


"観劇"というより"体験"だった。

お客さんを置き去りにしても
猛スピードで走り去る、膨大な数の寸劇。

ダンサーの康本雅子さんの踊りも
初めて間近で見れました。


私の真後ろで、
演劇界のアラーキーのようなオーラのおじさまが、

"おっ しげおっ
あぁ ちっ、もう、だめだろ、しげお~"

と、しげおさん?が出て来る度に
よっ!中村屋!みたいなタイミングで
しかし溜め息まじりに、
よく通る声でつぶやいていらして、
すっかりそっちにハラハラ気を取られてしまいました。


しかし、すこし時間が経ってみると、
もしやあの方も含めてアルバトロスケットなのではと思えてきた…

いや、むしろ、
誰も口には出さないがちょっと困ったなぁ~
というあの空気こそが、
アルバトロスケット体験だったのではと。。。
[PR]
by miuskmt | 2008-07-03 11:54 | theater/dance
f0064823_2350117.jpg

先週末は心待ちにしていた観劇ウィーケンドで、
土曜日は、舞台『まどろみ』を観てきました。

大好きな女性、ともさかりえちゃんが出演されていた舞台。

魚喃キリコちゃんや板谷由夏ちゃんなど
共通のお友達が多くて、
しばらくメールのやり取りがあり、
『まどろみ』にさそってくださったのです。

りえちゃんに、以前から不思議なつながりを感じていて、
逢う気がする…と、思っていたら、
本当にそんな機会に恵まれ、
顔を合わせた瞬間、
"あ、ついに逢えちゃったね"と、
ふたり 思わず笑ってしまった。
(わたしは、あまりにりえちゃんが可愛くて、
照れ笑いでしたけれど…。)


『まどろみ』は、倉持裕さんの作・演出で、
近藤公園氏や村岡希美さんも出演されていて、
不眠症の主人公と共に、
時空のズレに吸い込まれていくような物語でした。

頭で筋道立てて追おうとがんばると
逆に置いていかれそうだけれど、
逆らわずにふわふわと付いていくと
最後に何か浮き彫りになるような…

って、漠然とした感想になってしまうけれど
帰りの電車でも、その夜 布団の中でも、次の日まで、
良い意味でもやもやして答えを見つけようとしてすごく残る、
すごくおもしろい舞台でした。


次の日、顔を洗っている時に突然、
自分の中では"そうか!…そうかな?"という答えが
ひとつ一応見つかったのだけど、
それが正しいか分からないし
これから観る方もいらっしゃるので、
自分の手帳の日記にだけ書いておきました。

本当に、身体に残る作品、
そしてあったかい出会いの夜でした。


いつも笑っててほしい、りえちゃん。

ありがとうでいっぱいです。
[PR]
by miuskmt | 2008-05-26 23:50 | theater/dance
f0064823_220576.jpg

ただ今、宮本亜門氏演出の
『トゥーランドット』を観終わり、
スペースマウンテンに乗った後のように
ふわふわした足取りで帰宅中。

胸がいっぱいで
まだうまく書けないや…。
[PR]
by miuskmt | 2008-04-17 22:00 | theater/dance
今朝、森山開次さんの昨日のステージとつながっているような
赤い世界の夢をみて起きた。

昨日の開次さんの公演の内容は、
まだこれから観る方がいらっしゃるので書きませんが、

開次さんの踊りを観ていると、
目で追うのではなく
自分も空間に溶け込む感じがして、
生きててよかったー、と本能的に感じる。

肉体は何かを超越して研ぎ澄まされていて、
動くたびに 骨や筋肉や血管の
陰影が激しくうごめいて
それぞれの生き物みたいに見える。

でも、ふっとこっちの次元に戻ってきた時の開次さんは
ものすごく透明な存在で、
赤ちゃんみたいに真っさらに見える。

苦しんでいるような表情や
痛々しい動きのなかでも、
命への猛烈な執着や
感謝や愛のかたまりみたいだった。

観る前に、マネージャーさんが
今回はダークな世界なので…とおっしゃっていたが、
観た後に これはラブソングだ!と思いました。




会場が東池袋で、天気がよかったので
タマルと散歩して、
昔 池袋の三越のジェラートが好きだったというので、
じゃあそれやろう!と、デパ地下でジェラートを買い、
ふたりで食べながらぶらぶら。

見事にデパ地下マジックにハマり、
ココアのジェラート片手に
ナムルやチャンジャを試食する始末。

タマルはミミガーや豚足を購入、
私はさすがに次の予定があり持ち運びが不安だったので
容器の密封度がかろうじて高そうだった
キムチ漬梅干しのみ。
惜しかったなぁ…。

Johanというパン屋さんのパンも美味しかった!



その後 下北に移動。

友人がモッカモッカのコント舞台
『I WANT YOU I WANT YOU』を観に連れていってくれて、
笑って笑って…
椅子から転げ落ちそうになった。

ありがたい。


今週末は濃い日々だった。

体の中、また栄養たっぷり。

がんばれそう。
[PR]
by miuskmt | 2008-03-02 21:09 | theater/dance
f0064823_17132832.jpg



だいすきなインバル・ピント・カンパニー
イスラエルからやってきました。

昨晩、世界初演の『Hydra ヒュドラ』を観てきました。


いつもよりもシンプルなステージで、
子供達が公園で遊んでいるイメージ。


背中と背中。
なぞる、合わせる、離れる。

棒を支える、棒に昇る。
うずくまる、回る。

雨がふる。
通り過ぎる。
舞い降りる。


ほんの一瞬の、幸福の瞬間を捕らえてる気がして。

その幸福は触れられないものだけれど、
確実に肉体に基づいている。



本当に憧れのダンスカンパニーです。


そしてゲストの森山開次さんが
美しくて  動物のようだった。
[PR]
by miuskmt | 2007-11-10 18:28 | theater/dance

f0064823_9593080.jpg


先日も思わず熱く書いてしまったのですが
『真心一座 身も心も 』の舞台が本当に大好きでした。

写真は、出演していたお友達に渡した
身も心も 千秋楽ケーキです。

この舞台に あまりにも励まされたから。



しかし!
河原雅彦さんのブログ
『これって完全に手作りですよね?』
と書かれていたのを見て、焦りました。


ひじょーに解きたくない誤解ではあります・・・。

あまりにかわいいケーキになったので
『いっしょうけんめい作ったの☆』
と、上目遣いでアピールしてみたい。

しかしざんねんながらこれは、たしかに手作りですが
わたくしの、ではなく
下北にある『TISSUE』というケーキ喫茶のオーナー、
"イッチー"による真心ケーキですっ。


イッチーは、ケーキ職人というか、
ケーキ造形作家といったほうが正しい気がする。

魚喃キリコさんの紹介で知り合って、
彼女の作品にヒトメボレしたのです。


『あなたを想ってつくる your CAKES』という
オリジナルケーキブックも出しているのだけど、
色とりどり、ポップでかわいい作品ばかり。

ドラムセットケーキ、車ケーキ、サッカーボールケーキ…
なんでも作っちゃう。

f0064823_939723.jpg



個人のオーダーで、形やデザインなど、
できるかぎり一緒に考えて挑んでくれるのですが、
デザインを決めるその過程も楽しかった!

イッチーとキリコさんに舞台のあらすじをざっと話し、
一緒にイラスト描いてケーキのデザインで盛り上がり…

イッチーが 『はっ!コレ!いいんじゃない?
この書体マジパンで描いてみたい!』
ということで、「身も心も」のロゴをベースに決定。

そして、舞台の主人公である"流れ姉妹"たつことかつこの
未来に願いを込め、姉妹が抱き合ってる姿。。。
この、手で練った感。
かなり気に入ってます。


これね、びっくりするほど鮮やかな
アメリカの激甘ケーキっぽいけれど、
表面だけ甘い"マジパン"というものを使っていて
中身はあんまり甘くないガトーショコラなのです。

なぜなら、イッチーはケーキ職人なのに甘いものが得意ではない。
だからここのケーキはスウィートな外見とはうらはらに、オトナ味。

身はスウィート、心はビター。



この舞台、ずっと忘れられないと思う。
真摯なものづくりに、胸打たれました。

『攻めろよ!!敵陣をさぁっっっ!!』

ありがとう。
[PR]
by miuskmt | 2007-10-23 22:14 | theater/dance
ひさしぶりに、揺さぶられる舞台でした。

『真心一座〜身も心も〜』

…ショックでした。



すごく豪華な出演者陣で、
経験を積んだ方々の、プロの繊細な芝居だ…!
という感動もあったけれど、

衝撃だったのはものすごく荒い何か、
ガツッと胸ぐらをつかまれるようなめちゃくちゃな衝動。


チームワークもすごいし、
作っている方々全員が身を削っている気がする。
細部に至るまで
ひしひしとこの舞台への愛を感じました。


”ガヤ衆”のすごさにも、ふるえあがりました。
一人9役とか果たしているのにあの集中力、切り替えの早さ。
それでも一人一人がちゃんと人間で、
葛藤があり、成長があり、
ドロッとした残酷な部分があり。

とくに、ある座組の劇中劇があるのですが
その人間模様に心をうたれ、
完全に惚れ込んでしまったのです。



些細なことであれだけ笑って、
あるセリフに急にぐわっと泣けてしまって…
ポカーンとするほどバカバカしいことを
丁寧に丁寧にやっていることも、感動することばかりで。
そんな芝居、めったに出会えない。

この舞台、ほんとうに大好きでした。

ありがとうございました。

もう一回観たい…!



真心一座〜身も心も〜
第二章「流れ姉妹〜ザ・グレートハンティング」


10/6(土)〜21(日)
赤坂RED/THEATER
作/千葉雅子 演出/河原雅彦(←ブログも毎日のぞいてしまう…)
出演/相島一之・高田聖子
河原雅彦、千葉雅子、坂田聡、村岡希美
小林顕作、伊達暁、政岡泰志、信川清順/他
http://mimokoko.net/


f0064823_0151485.jpg

[PR]
by miuskmt | 2007-10-10 00:46 | theater/dance
Copyright ©1997-2005 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム