exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
PROFILE
5月生まれ。9歳の時、家族でニューヨークに移住。
97年1月、Ryuichi Sakamoto featuring Sister M名義でデビュー。
99年、本名で本格的に音楽活動を開始し、映画「鉄道員」の主題歌、そしてフルアルバム「DAWN PINK」をリリース。
05年11月16日、Honda企業CMに使用されている『The Never Ending Story』をリリース。
現在、音楽活動に加え、連載や映画評などの執筆、翻訳、ジュエリー・ブランド「aquadrops」のプロデュースなど 創作の幅を拡げ、日本/NYを行き来しながら猫と一緒に音楽漬けの生活をしている。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
INFORMATION
ニューアルバム『Zoy』発売中!
『zoy』

MIU SAKAMOTO MY SPACE

坂本美雨がプロデュースするジュエリー「aquadrops」ネットストア

"フジロック出演決定"
フジロックフェスティヴァルに、
おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)として 出演します。
是非遊びにいらして下さい

<FUJI ROCK FESTIVAL 09>

会場:新潟県苗場スキー場(新潟県湯沢町三国202)
7月25日19:45~(予定)
@AVLONステージ

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

「横浜開港150周年 開国博 Y150」
開国博『Y150』のパビリオン内で上映される
スーパーハイビジョン映像作品
「gift~未来へのおくりもの」テーマソングの作詞・歌を担当しました!

http://event.yokohama150.org/

場所:ベイサイドエリア/スーパーハイビジョンシアター

日時:4月28日(火)~9月27日(日)
10:00~22:00(1時間に3回上映予定)

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

<ZIP-FMレギュラー番組>
『中部電力 Future Standard』
ZIP-FM(ラジオ)
毎週日曜日/9:35~9:50

名古屋のFMラジオ、 ZIP-FM [77.8MHz] でレギュラー番組をナビゲートしています。
メッセージ募集中です!

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


アイスランドに行ってきました。
PAPER SKY(NO.27)の特集で掲載されています。
『PAPER SKY』

CLICK!?アイコン
「デコレ村の絵文字たち」

【sorato for au design project】
'sorato' for au design project
/Takagi Masakatsu+Miu Sakamoto
『sorato』
iTUNES Music Storeで配信が始まりました。
また、日本国内モバイル配信は、レーベルモバイル、ドワンゴ、ハドソン、ツタヤオンラインでも5月21日から開始されました。

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


川井憲次コンサートDVD発売
◆川井憲次さんの集大成として 昨年11月に行われたコンサート、 「川井憲次コンサート2007 Cinema Symphony」の LIVE DVDが発売されます。 サカモトもゲスト出演し、2曲唄っています。

amazonで購入する


細野晴臣 STRANGE SONG BOOK/V.A. -Tribute to Haruomi Hosono 2-
2008年1月23日発売(¥3999税込)
RZCM-45783~4/B
教授のレーベルcommmonsからリリースされる、 細野晴臣さんのトリビュート・アルバムの第2弾に参加します。
サカモトは、蓮実重臣さんと一緒に参加します。


詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


“せかいでいちばんあたまのいいいぬ ピートがっこうへいく”
矢野さんと一緒に絵本の和訳をしました。

NY在住の実力派デザイナー・イラストレーターで、 人気ブランド「ケイト・スペード」とのコラボレーションでも有名な マイラ・カルマン著の、とっても楽しい絵本です。

10月以降より店頭に並ぶ予定ですが(日程未定) アマゾンにて予約が始まりました。

「せかいでいちばあたまのいいいぬ」
¥1890(税込)
出版社:リトル・ドッグ・プレス
発売日:10月25日

購入はこちら!

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


坂本美雨の着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中!
着うた(R)サイト『Excite Music』では「THE NEVER ENDING STORY」をはじめ、着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中です!
是非アクセスしてみてください!
◆アクセスURL
http://music.excite.co.jp/
◆QRコード
QRコード

iTUNES MUSIC STOREにて配信決定!
5月24日リリースのニューアルバム“Harmonious”よりの9曲に DJ CLAZZIQUAI による「The Never Ending Story」の リミックスをiTUNES限定トラックとして新たに加えた 特別アルバムの配信が決まりました。

是非チェックしてください♪
D/L価格:¥150(1曲)/¥1500(10曲アルバム)
配信開始:6月14日予定

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。

12月12日、NEWアルバム発売決定!
「朧の彼方、灯りの気配」
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)
『朧の彼方、灯りの気配』
「朧の彼方、灯りの気配」発売中
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)

SPECIALコンテンツはコチラ


『Harmonious』 発売中!
『Harmonious』
YCCW-10024/ ¥2940(Tax in)
購入はこちら!

「The Never Ending Story」
シングルCD発売中!
The Never Ending Story
2005.11.16発売 CCW-30004
1,050(税抜価格1,000)
購入はこちら!

坂本美雨 NEWS LETTER配信!
春には、ニュー・アルバムの発売も決まったり、ワンマン・ライブも予定している坂本美雨の情報を、いち早く早くお届けする予定です。
配信には、登録が必要になりますので是非登録してください!
登録は、坂本美雨オフィシャル・サイトより!

坂本美雨へのメッセージはコチラへ
aquascape@miuskmt.com
LINK
CATEGORY 
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

<   2007年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

昨日は、Angelika Film Centerで
エドワード・ノートンとナオミ・ワッツ主演の新作
『The Painted Veil』を観た。


この映画館もずいぶんひさしぶり。
相変わらずここの映画のセレクトはセンスいいので
ダウンタウンの映画好きが集まっていて良い雰囲気。
土曜日の夕方なのでとても混んでいる。

Cate Blanchetteの新しいのか、これか迷って、
題材でこっちに決める。

原作はサマセット・モーム 「五彩のヴェール」。
監督はジョン・カーラン。
エドワード・ノートンとナオミ・ワッツ、
この2人が主演にも関わらず、インディペンデント映画で、
主演の2人がプロデュースもしている。


ある夫婦の物語。
お嬢様のキティと寡黙な医学博士のフェーン。
一組の男女が「夫婦」というものになって
それぞれの成長によって
その関係が大きく変化していく様は
常に緊張感があって見事だった。

中国の田舎の
美しい風景の中で。






もう、あと数時間で東京へ出発。


猫たちと離れたくないな・・・
[PR]
by miuskmt | 2007-01-28 19:52 | books・movies

Bjorkの声は、「エンジン」だ。

ひさしぶりにiPodでBjorkを聴きながら
SOHOを歩いていて
唐突にそう思った。

”エンジン”
と声に出して、思った。

すごく大きな物を動かす底力のようなもの。

無機物を、動く物に変える、心臓のような力。


f0064823_1511564.jpg



先日、母と2人して寝坊した日は
昼過ぎまで寝間着でだらだらしながら
母と上原ひろみちゃんがセッションライブした時の
THE SPACE SHOWER TVの特番を観た。


ひろみちゃんすごすぎる。
彼女の豪速プレイに映像が追いつけていない。
指が速すぎて。

Jammin'〜The Piano Session〜
ここで数曲、2人のライブのstreaming見られます↑

心底、楽しそうだ…!


* * *


今はALBUM LEAFの新しいアルバムばかり聴いている。

張りつめた神経を溶かしてくれるものを
今は音楽に求めている。

癒し、と呼ばれているものとは、違う。

自分を囲っている枠から連れ出してくれる、というのかな…
暴走しそうな列車を、線路からふわっと浮かしてくれるような。
[PR]
by miuskmt | 2007-01-28 15:18 | music
ひさびさのニューヨークの
毎日は、なんだかんだ健康的です。

1時過ぎに寝てちゃんと朝起きるし。
ほぼ3食ちゃんと食べるし。
外も歩くし 猫以外とも喋るし。

母といると違います、ね。

一人でこっちにいる時の
朝から晩まで引きこもって映画を観ている
自堕落な日々と大違い。



昨日は、ここ2年間で一番の冷え込み!
マイナス10℃まで下がりました。
雪は降らなかったけど、空気は乾いて風がびゅうびゅう、

うちはハドソン川の近くなので
風はさらに冷たくて、耳がぼろっと落ちそうでした。

ここはシベリアか?またシベリアなのか?
体の記憶が震えながらそう言っていましたが、
でもね〜、まだ肺は凍らないものね、
…まだまだシベリアには至らない。


* * *

プーちゃん、

f0064823_21342444.jpg


昼寝しようとすると
サッとやってきて・・・

f0064823_21344035.jpg


おなかにそーぅっとのってきます。
[PR]
by miuskmt | 2007-01-27 21:40 | days
J-waveのレギュラー番組Midnight Gardenの相方、
ロバート・ハリス氏が翻訳を監修した本が完成しました。

『旅に出ろ!—ヴァガボンディング・ガイド』

ただの、旅本じゃない。

”放浪”の方法を具体的に教えてくれる、
斬新な本です。

カラフルで、思わず手に取ってしまう本。

私も、帯のコメントを書きました。

* * *

『旅に出ろ!—ヴァガボンディング・ガイド』

お金も時間もないと
あきらめている人へ
放浪の旅を実現するための完全ガイド

ロルフ・ポッツ著
ロバート・ハリス監訳
1,680円

* * *
[PR]
by miuskmt | 2007-01-25 13:35 | books・movies

阪本順治監督の新作『魂萌え!』が
今週、土曜日に公開になる。


昨年の10月下旬に、試写で観させて頂いた。
桐野夏生さんの原作の映画化。
阪本順治監督は秘かに大好きな監督で
『傷だらけの天使』の2作は何度も繰り返し観たし
『ぼくんち』や『顔』など、忘れがたく、好きなので
前々からとても楽しみだった。


物語は‥
関口敏子さん(風吹ジュン)、59歳。
夫(寺尾聡)が63歳で突然心臓発作で亡くなり、
葬式の数日後、
なんと夫の10年来の愛人の存在を初めて知る。


何も知らず、不自由無く主婦をしていた数十年が
突然断ち切られ、
新しい人生に急に放り込まれ
洗濯機の中のようにぐるんぐるんと振り回される。
数十年ぶりに”主婦”というフィルターを通さずに見る世の中。


痛みと共に古い肌がぽろぽろと落ちていき、
”見よう” ”感じよう”とする、
ずっと身を潜めていた彼女の意志が姿を現す。



私自身は主婦でもなければ世代も違う。
50代、60代にさしかかる女性の気持ちや
身体の変化と共にどのように自分の心境や生活や
男性との関わりが変わっていくのかなんて
今の自分には想像することしかできない。

だからそういうことを解った気持ちになったとは言えないけれど、
年代は違っても、変化に対して剥き出しになっている姿は
今の自分と同じなんじゃないだろうか。

揺さぶられた。


最近は
歳とったら楽になると思って
早く老いたいなどど
誰かに聞かれたら殴られそうなことを考えていたけれど、
こんな風にたぶん一生、足掻かなきゃならんのか、
と思ったら、気が遠くなりそうだ。

しかし、敏子さんの最後の眼差しは清らかだったのだ。


主題歌を歌うヤドランカの声が、
目を背けたいような、
首の骨のうしろ辺りがムズムズして息苦しくなるような、
ギリギリのところにいる。
それが、”痛くても、自分の目で見なくてはいけない”ことの
重苦しさに重なる。



エンドロールの全ての文字が流れ終わり電気がつき
慌てて身支度をして試写室を出ると、
ぶわーーーーっと涙が溢れてしまい、
もう一回ダムの壁が崩れるとあとはコントロールがきかず、
配給会社の人やプレスの人もびっくりして
クリネックスを差し出され『このまま持ってってください!』と(笑)
こっちもあっちも大慌て。でした。



これは、お金を払って映画館に観にいくべき映画です。

何故なら、 主人公の敏子さんが
カプセルホテルの風呂場で出逢った
"フロおばさん"(加藤治子)に言われた言葉で
(今、正確な台詞を思い出せずにいて悔しいのですが)
”人様の貴重な体験をタダで聞けると思ったら大間違い”
といったような台詞があったのですが、
まさしく、
主人公の関口敏子さんがもがき苦しんで生きようとする様子を
タダで見せてもらってはいけない、
と感じたからです。


だから、映画館にもう一回観に行きます。


『魂萌え!』公式サイト
*1/27公開*
[PR]
by miuskmt | 2007-01-25 06:37 | books・movies
f0064823_1793985.jpg


今年の、私の初雪はモーター・シティーでした。

今回は、フライトアテンダントの兄と、初めて一緒に飛んだ。
NYへ行くのに経由したデトロイトで、
雪を理由にNYへの便が飛ばなかったりしたので
夜のフライトを待つ間、兄の家で休憩することに。


初めて、兄のルームメイトにも会えた。
どっからどう見てもド・アメリカ人のお兄さん、
しかし日本語ペラペラ。
美味しいコーヒーをいれてくれた。


一緒に暮らしていた実の兄が、
この、道の広い大きな街の、この部屋で暮らし、
自分の生活、自分の世界をここで築いているという
当たり前のことが、
なんだかとても不思議でシュールな気分だ。


f0064823_1784539.jpg

兄が作ってくれた具だくさんラーメン。
スパムとタマネギを炒めたところへお酢を入れたのが、
ラーメンの具として大正解…!

“ただ炒めてもつまんないから”って。
こういう感覚が、料理の”センス”っていうんだろうな・・・
自分にはぜったい無いなぁ…
美味しかったぁーーー


* * *

兄とバイバイして、
夜の便でニューヨークへ。
乗った瞬間、曝睡。

国内便の狭い機内で、スーツケースを上の棚から降ろす時に
手がすべって人の頭の上に落としそうになり、
一斉にまわりのみんなが息をのんだ。

スレスレで、前のおばちゃんの腕をかすめただけで済んだ。
…寿命が縮まった。

そのおばちゃんは、同年代の女性4人と並んで
搭乗する前からずーっとワイワイキャラキャラ
ノンストップで喋り笑っていたグループの一人で、
高校からの仲良し女5人組の久しぶりの小旅行、という感じで
あまりにも浮き足立ってはしゃいでいたため、
微笑ましいけどちょっとウルサイよ、と思っていたのだが、
その恐ろしいスレッスレも笑い飛ばしてくれたので、
ほんとに助かった。

なんとなく、映画Calender Girlsを思い出した。

とにかく、無事、うちにたどり着いた。
ひさしぶりだ。
[PR]
by miuskmt | 2007-01-23 11:07 | travel
f0064823_14524550.jpg


深呼吸する場所。

大きな道路が二つ交差する
頭上に高速道路が真っすぐ延び
その間の空間を、
水色の古びた歩道橋が
ぐるりと縁取っている。

ここにいると、高校の頃の
憩いの場所のにおいを思い出す。

f0064823_1453656.jpg

[PR]
by miuskmt | 2007-01-21 14:53 | days

f0064823_19175430.jpg

美少女・果萌ちゃん。

か…もぇ?
ではなく、カホちゃん!
13歳。
化粧前が隣だったので
初めてこんなに中学生と話せました。
彼女はもちろん学校が終わってから
稽古や本番に来ていて、さらに塾も。
空き時間に宿題やってたので偉いなぁと思い
英語は教えられたが、数学も社会も私は役立たず‥

ある日、学校で友達ともめたらしく、
『ケンカした。
だけどカホのほうが、筋が通ってた。』

と言い放った。笑った。


* * *

f0064823_1924352.jpg


1月8日、大阪千秋楽。

年をまたいだので、やっと年が越せる感じ。



しっかりどーんとかまえた母性のある美しい井川遥さん、
妖艶なのに肝が座ってて男らしい金子さやかと、
“ふわふわなようで思いっきり毒”の自分。
という三姉妹+トメの高橋ひとみさんは、
本当にいつでも和やかで、
こんなに雰囲気の穏やかな女だらけの楽屋って
なかなかないのだろうと思う。

仲良くしよう、という意識も無かったのに、
いつのまにか溶け合っていたような。

いいことなのかはわからないけど、
楽屋での素の女の子たちである私達と
物語の中での役割が本番が進むにつれて
溶け合ってきた。
他の現場を知らないけど、
話に聞くところではとても珍しいことなのだろう。

なかでも一番のオトメはやっぱり高橋ひとみさんだった。

* * *


毎回違うお客さんで、
毎回ガラリと変わる舞台上の雰囲気。
「舞台は生き物」とよく言われる表現を
体感できることが歓びだった。


この期間中
芝居や、芝居の外の個人的なことでも、
人前で取り乱したり
恥ずかしいくらい泣いたが、
これをやっていることでたくさん助けられた。

現実の自分に何が起きていても、
どんなに心が乱されていても、
一日24時間の中で
たっぷり3時間は
“次女のミカエ”という人物でいられるというのは、
本当に、贅沢なことだった。

それに、支えられていました。
[PR]
by miuskmt | 2007-01-18 19:25 | theater/dance

昨年11月、12月は、
舞台竹中直人の匙かげん2〜『そう。』
に集中していました。

ほぼ、初舞台でした。

私は歌う人ですから、
「なんで?」と 反対されたり心配されたりもしたけど
(もちろん、喜んでくれた人もたくさんいましたが)
とにかく決めたのでやり抜く!
と、まっさらな状態で飛び込み・・・

何度もガボガボ塩っからい海水飲んじゃったけど
なんとか溺れ死なないですみました。

全部終わってたった一週間なのに
もう遠い昔のことのようです。


関わった方々や
見に来てくださった方に
本当に、感謝でいっぱいです。
ありがとうございました。


* * *


『そう。』は、船旅の途中の物語。

f0064823_5461446.jpg


エド・ツワキ氏がデザインした、船内の一室のセット。

f0064823_547146.jpg


客席からは気付かれにくい、細かいところも可愛かった。

置物などはフィギュアマニアの竹中さん私物。
コルソ・コモで売ってたキューブリックや
動物がおなかでくっついた変態的ぬいぐるみ、
“トメ”のモデルになった
『フランケンシュタインの花嫁』のフィギュアなど。


f0064823_5474591.jpg


このオルガンが2ヶ月間、相棒だった。

中身は小学校にある、ごく普通のオルガン。
木枠で囲って、エドがペイントした。
(蓋の中心には、実は竹中さんの顔写真がペタリと貼られている…笑)


最初に稽古場にオルガンが来た時、
オルガンってペダルで空気入れるものだと知らず(笑)、
ちょっと弾いたらすぐスッと音が出なくなったので

『…へっっ?!コレ、音でないんですけどっ』

と焦ってスタッフを呼びに行ったその横で、
(後で聞いた話では)
その頃まだあまり話したことがなかったキャストのみんなが

『…えっ…いや、あれ、足、、、ふむんだよね‥?(汗)』
と、言うに言えずお互い目で訴えていたらしい。

・・・言ってよ!

あー恥ずかしかった。


しかし、毎日、化粧を終えてから幕が開く間の30分間
このオルガンと触れ合っているのが
気持ちが溶かされ、心安まる時間だった。

毎回本番にその時の気持ちで弾いていたのは、
幕が開く前にこの子に触っていた時間から、始まっていた。
つたなくても、単純な和音だけでも、
ちゃんと寄り添ってくれるオルガン。
愛しい。

今、舞台が終わって一番恋しいのが、このオルガン。
どこいっちゃったのかな。


舞台上を取り仕切るスタッフの方達も
毎日オルガン弾きの時間を待ってくれていて、
一息つくまで弾いたところで
“そろそろ開場しますよ〜”という合図を送ってくれる。
そういう、スタッフとの何気ない呼吸も嬉しかった。

演劇における舞台の職人の技を毎日見せてもらえたのも
忘れられない。
あの寡黙な佇まい。
空気とタイミングを敏感に察知し、涼しい顔をして素早く動く。
…しびれた。


〜その2に続きます〜
[PR]
by miuskmt | 2007-01-16 05:50 | theater/dance

大阪公演千秋楽をむかえ、
『そう。』全公演を無事終えました。

本当にどうもありがとうございました!!!


舞台中の写真などもあとでアップしますが、
まず、これは
最終日が終わった次の日、
東京に帰る直前のはなし。



金子さやかちゃんと、昼過ぎの新幹線で帰ることに。

ホテルをチェックアウトして、
新幹線の時間までぶらぶら。

ここ2ヶ月間、
なにかっつーとすぐ食べ物に走っていたわたくしたちですから、
大阪の最後をなにか満足できるもので締めくくりたい、と、
まず、二人で気になっていた角のイカ焼きを路上で食べる。

その後、
前の晩に(今回の脚本の)倉本さんが『ぜったい行け!!』
と熱弁していた、かっぱ横町の奥にある
ひとりしゃぶしゃぶの老舗「しゃぶ亭」へ。

11時半に駆け込むと、まだガラガラ。

f0064823_19372167.jpg


こんな風に、小さいしゃぶしゃぶセットが個別に用意されており
カウンターで並んで食べる。

ここの、ごまダレがサイッッッッコウ!!!!!
根っからのポン酢派で滅多にごまダレは使わないのですが
ここは、特製ごまダレのみ。
ごまダレとポン酢を混ぜたような…でも濃厚で…
・・・絶妙でした。

‘船長’役の井口さんもあの熱弁が忘れられなかったのか、
12時頃にひとりでやって来てました。
(出てきた頃にはランチで非常に混雑してたのでラッキーでした)

しかし、ひとりしゃぶしゃぶランチ定食。
お肉と、たっぷり野菜やうどんまでついて、
豚肉だと800円なり。安っ。

ごまダレもお土産に買って帰りました。。。


ありがとう・・・大阪よ。
[PR]
by miuskmt | 2007-01-11 19:43 | days
Copyright ©1997-2005 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム