exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
PROFILE
5月生まれ。9歳の時、家族でニューヨークに移住。
97年1月、Ryuichi Sakamoto featuring Sister M名義でデビュー。
99年、本名で本格的に音楽活動を開始し、映画「鉄道員」の主題歌、そしてフルアルバム「DAWN PINK」をリリース。
05年11月16日、Honda企業CMに使用されている『The Never Ending Story』をリリース。
現在、音楽活動に加え、連載や映画評などの執筆、翻訳、ジュエリー・ブランド「aquadrops」のプロデュースなど 創作の幅を拡げ、日本/NYを行き来しながら猫と一緒に音楽漬けの生活をしている。
カレンダー
INFORMATION
ニューアルバム『Zoy』発売中!
『zoy』

MIU SAKAMOTO MY SPACE

坂本美雨がプロデュースするジュエリー「aquadrops」ネットストア

"フジロック出演決定"
フジロックフェスティヴァルに、
おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)として 出演します。
是非遊びにいらして下さい

<FUJI ROCK FESTIVAL 09>

会場:新潟県苗場スキー場(新潟県湯沢町三国202)
7月25日19:45~(予定)
@AVLONステージ

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

「横浜開港150周年 開国博 Y150」
開国博『Y150』のパビリオン内で上映される
スーパーハイビジョン映像作品
「gift~未来へのおくりもの」テーマソングの作詞・歌を担当しました!

http://event.yokohama150.org/

場所:ベイサイドエリア/スーパーハイビジョンシアター

日時:4月28日(火)~9月27日(日)
10:00~22:00(1時間に3回上映予定)

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

<ZIP-FMレギュラー番組>
『中部電力 Future Standard』
ZIP-FM(ラジオ)
毎週日曜日/9:35~9:50

名古屋のFMラジオ、 ZIP-FM [77.8MHz] でレギュラー番組をナビゲートしています。
メッセージ募集中です!

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


アイスランドに行ってきました。
PAPER SKY(NO.27)の特集で掲載されています。
『PAPER SKY』

CLICK!?アイコン
「デコレ村の絵文字たち」

【sorato for au design project】
'sorato' for au design project
/Takagi Masakatsu+Miu Sakamoto
『sorato』
iTUNES Music Storeで配信が始まりました。
また、日本国内モバイル配信は、レーベルモバイル、ドワンゴ、ハドソン、ツタヤオンラインでも5月21日から開始されました。

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


川井憲次コンサートDVD発売
◆川井憲次さんの集大成として 昨年11月に行われたコンサート、 「川井憲次コンサート2007 Cinema Symphony」の LIVE DVDが発売されます。 サカモトもゲスト出演し、2曲唄っています。

amazonで購入する


細野晴臣 STRANGE SONG BOOK/V.A. -Tribute to Haruomi Hosono 2-
2008年1月23日発売(¥3999税込)
RZCM-45783~4/B
教授のレーベルcommmonsからリリースされる、 細野晴臣さんのトリビュート・アルバムの第2弾に参加します。
サカモトは、蓮実重臣さんと一緒に参加します。


詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


“せかいでいちばんあたまのいいいぬ ピートがっこうへいく”
矢野さんと一緒に絵本の和訳をしました。

NY在住の実力派デザイナー・イラストレーターで、 人気ブランド「ケイト・スペード」とのコラボレーションでも有名な マイラ・カルマン著の、とっても楽しい絵本です。

10月以降より店頭に並ぶ予定ですが(日程未定) アマゾンにて予約が始まりました。

「せかいでいちばあたまのいいいぬ」
¥1890(税込)
出版社:リトル・ドッグ・プレス
発売日:10月25日

購入はこちら!

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


坂本美雨の着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中!
着うた(R)サイト『Excite Music』では「THE NEVER ENDING STORY」をはじめ、着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中です!
是非アクセスしてみてください!
◆アクセスURL
http://music.excite.co.jp/
◆QRコード
QRコード

iTUNES MUSIC STOREにて配信決定!
5月24日リリースのニューアルバム“Harmonious”よりの9曲に DJ CLAZZIQUAI による「The Never Ending Story」の リミックスをiTUNES限定トラックとして新たに加えた 特別アルバムの配信が決まりました。

是非チェックしてください♪
D/L価格:¥150(1曲)/¥1500(10曲アルバム)
配信開始:6月14日予定

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。

12月12日、NEWアルバム発売決定!
「朧の彼方、灯りの気配」
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)
『朧の彼方、灯りの気配』
「朧の彼方、灯りの気配」発売中
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)

SPECIALコンテンツはコチラ


『Harmonious』 発売中!
『Harmonious』
YCCW-10024/ ¥2940(Tax in)
購入はこちら!

「The Never Ending Story」
シングルCD発売中!
The Never Ending Story
2005.11.16発売 CCW-30004
1,050(税抜価格1,000)
購入はこちら!

坂本美雨 NEWS LETTER配信!
春には、ニュー・アルバムの発売も決まったり、ワンマン・ライブも予定している坂本美雨の情報を、いち早く早くお届けする予定です。
配信には、登録が必要になりますので是非登録してください!
登録は、坂本美雨オフィシャル・サイトより!

坂本美雨へのメッセージはコチラへ
aquascape@miuskmt.com
LINK
CATEGORY 
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

<   2006年 06月 ( 37 )   > この月の画像一覧
f0064823_18544267.jpg


旅に出たい。

大きな景色が、観たい。


ある朝、友人が旅から帰ってきた。

バッグから溢れかえるほどのおみやげを渡された。

ペイネ・ミュージアムのマグネット、キーホルダー、
フェルトのネックレス、
彼女がお気に入りの刺繍アーティストによるポーチ、
Steinlenのネコの、来年のカレンダー、
(なぜ好きだとわかったんだろう?言ってないのに!)
ラヴェンダーのポプリ、サシェ・・・

彼女が歩いた さまざまな町のかけら。
彼女の目にはいったもの、
私を想ってくれたさまざまな瞬間が
バッグに抱きかかえられて

いいにおいがたちのぼっていた。


彼女が旅をしている間、
私も東京を旅しているような気がしていた。

だから彼女に東京みやげを渡した。

ひとめぼれした
鳥かごの中に小鳥が揺れるオーナメントに
スワロフスキーのクリスタルをぶらさげて。
[PR]
by miuskmt | 2006-06-29 19:05 | days

モヤモヤして
身体も重かったので
近所の商店街にあるゲルマニウム温浴に行って
だらだら汗かいて 毒を出してみた。

なんだか急に思い立って、
数年ぶりにサーティーワンに入ってみた。
一人でのアイスクリーム屋さんというのは
イマイチ盛り上がらないものだが
ミントチョコを もくもくと 一途に。



夜から 仕事。
葉加瀬タローさん、 チェロの柏木さんと、
ピアノの大さんと、 リハーサル。
いちいち笑わせるサービス精神のひとたち…!

f0064823_21105823.jpg

f0064823_2111950.jpg


ネバーエンディングストーリーをこのトリオでアレンジ。
これは贅沢。
みんな 大人で
音も  大人で 毛布みたい。
そしてその毛布の模様は 遊び心たっぷり。

若い人には若い人の いい音があって
成熟した音も また違った歌う喜びがある。
そして『The Never Ending Story』という曲は
どんなアレンジでも輝ける
本当に懐の深い曲だと改めて思った。



はらぺこの23時。
いつもの、中目黒の沖縄料理屋”れきお”へ。
インリンオブジョイトイそっくりのナミが
生脚がぎりぎりまで出ているかっこうで現れ、
みんなで爆笑。
すごいなぁインリン。
とても真似できない。

…いや、あの美しい脚だったら、私もやるかもな。
ちぇ〜っ

出すもんは でーーーん!と、出す。
いさぎよい。かっこいい。


f0064823_21131224.jpg


女3人でモンスーンに移動し
近所の男友達を呼びつけて
だんだん朝になって
西郷山公園に寄って


ちぃちゃいカエルを何匹も踏みそうになり
f0064823_21133368.jpg


まだ飛べないらしい子供のカラスを見守り
f0064823_2113595.jpg


攻撃的な目をした西郷山の住人に話しかけ
f0064823_21141674.jpg


また 眠れなそうな 朝がきた。
[PR]
by miuskmt | 2006-06-27 21:21 | days

f0064823_056012.jpg


昼間 眠るのが好きだ。
窓を開けて眠ると
隣の家の電話が鳴っていたり
人の声が聞こえてきたりする。


怒鳴り声も 聞こえる。
隣のお母さんは、今日はイライラ。
家族に放つ キビしい言葉の数々、
子供の泣き声。


生活の音。
[PR]
by miuskmt | 2006-06-26 00:57 | days

母と30分くらい電話。
ここ何日も、電話がかかってきてもとれなかったので。

『8月、あんたがこっちいるとき、
SONIC YOUTHとYEAH YEAH YEAHsが
ブルックリンでライブやるのよ。
絶対見に行ったほうがいいよ、
チケット取っておくから。』 と。

・・・なかなかいない、こんな母。

f0064823_1313677.jpg

[PR]
by miuskmt | 2006-06-26 00:30 | days

今は、
プロモーションやライブが一段落し、
また仕事でいろいろな土地に出かける時期に入る前の、
吸収と創作の期間です。
書いたり撮ったり創ったりはもちろん、
ひさしぶりに人に逢ったり、
舞台観に行ったりということを
集中的にしているところ。


これから観る予定の公演・・・>>


熊谷和徳さんのソロタップ5日間連続の公演。
毎日違うゲストが出演。
友達のCandle Juneが舞台演出しています。
(@青山円形劇場)

★ヤン・ファーブルの
『主役の男が女である時 Quando l'uomo principale e una donna』
(@彩の国さいたま芸術劇場)

★珍しいキノコ舞踊団の伊藤千枝さんのソロ公演 
『私、潜るわ』
(@シアタートラム)

『アンデルセン・プロジェクト』(@世田谷パブリックシアタ−)


あれ? ほとんど踊りだ。
なんとか時間をやりくりして
観に行けるといいなぁ・・・



今月は、長塚圭史さんの『ウィー・トーマス』と
小林顕作さんが出演した『散歩する侵略者』しか観ていない。


『散歩する侵略者』は、J-waveでも話したけど、
すごい怖かったなぁ…。
もうすぐ戦争が始まりそうな日本の、
軍の基地が近くにある小さな町で、
宇宙人が町人の身体を乗っ取り、
話している相手の”概念”を次々と奪っていく。
”概念”を奪うことによって、地球侵略を企てる。
所有、禁止、悪魔、、、愛。
様々な概念を奪う。

とにかくとてもうまく構成された芝居で
芝居としてすごく楽しめるものだったのだけど、
その、概念を失った人間が豹変する様や
中身は宇宙人の人間の常軌を逸した笑い声とか
頭上を飛ぶ戦闘機の激しい音とか、
いろいろなことが目の前に針を向けられているように
身体にストレスがかかり
怖くて怖くてしょうがなくて、
舞台が終わって新宿の街に出たら、
とてつもない異空間に投げ出されたようなシュールな感じと、
さっきの身体へのストレスが相まって、
道ばたで、大泣き。

おかしな作用をする舞台でした。


そんな風に”生”の人間が目の前にいることによって
脳みそを変に揺さぶられるのが嫌い、
だから、舞台は苦手だ、という人がいるけれど
それが中毒になるのですね。たぶん。
[PR]
by miuskmt | 2006-06-25 09:53 | theater/dance

また、RAMONESのドキュメンタリー
END OF THE CENTURYを観てしまう。
何回目だろう。
好きなんだよなぁ。
JOEYが愛しくてたまらない。
あの、おおきなからだに宿る
ガラスみたいな繊細さ。
[PR]
by miuskmt | 2006-06-25 09:21 | books・movies

真夜中、
深夜窓口がある郵便局に歩いていく途中
急いで、いらだった感じで通り越していった男の人がいて
なんだろうなぁと思っていたら
その人が地図の前でしばらく立ち止まり、
やがて引き返してきて、話しかけてきた。
「○○って、どこですか?」と。

場所を説明していたら、
沖縄から数日前出てきたばっかり、とのこと。
(うん、たしかに標準語に慣れていない感じ。)

しかし、だんだん、会話が
沖縄に来たことありますか?とかなってきて
あれれ、と思い、ちょうど郵便局に着いたので
ではさよなら〜と郵便局に入ったのだけど、
用が済んで出てきたらまだその人がいて
また話しかけてきて、
ちょうど信号でつかまってしまい、
明日から渋谷で勤めるのだとか友達にならないかだとか。


なんでこう、
ナンパするためにナンパできそうなところにいる男の人には
ぜぇぇったいに!声かけられないのに、
こういう、
”は?なんで?”と思うような場所で
”は?なんで?”と思うような人に声をかけられるのだろう。

なんか変な電気でも出してるんだろうか。

本当にお友達が欲しいみたいな、
切実なものがある人ばっかりだ。
本来そういうことしない人、みたいなのが。
人同士の交流がしたくて、
でもどうしたらいいのかわからなくて切羽詰まった感じ。

(どうせくるなら、もっとライトなの、来い!)

でも、そういう人は、普通に人として接すると、
案外納得してすんなり離れていってくれる。

きっぱりと断るが、
きちんと断る。
つまり、会話をして断る。
(もちろん、相手を見て判断するけど。)

みんな、まともなんだもん。
まともなだけに、、、なんだかなー。
寂しい人がいっぱいだ。


違った場所で出逢ったら友達になるかもしれないのにねぇ。


ちなみに その日は私も
メール以外で人と会話をしたのは
この男の人だけだった。

…ということに、今 気がついた。
[PR]
by miuskmt | 2006-06-25 09:21 | days

BOOKMARKERSで、好きなサイトを紹介しましたー。

そこでも紹介しているし
前にここにも書いた
『スコティッシュフォールドのふくちゃん』のブログを通じて、
飼い主のお二人とお友達になったのです。

それで、先日のキャンドルナイトに来てくださって、
(ふくちゃんはさすがに来れなかったけど…)
初めてお二人にお会いすることができたのです。

その時のこと、書いてくれてます☆↓
http://goteam.blog36.fc2.com/blog-entry-129.html


人間をどんどん繋げてくふくちゃん、すごい!!

x-x-x


このサイトの中の別のコーナーの取材も
先日受けたので、
そちらも来月頃アップされると思います。
[PR]
by miuskmt | 2006-06-24 17:39 | cats
昨晩、kurkku
オープニングパーティーに参加してきました。


kurkku は、ap bankのプロジェクトから発足し、
小林武史さんがプロデュースした、
「エコ・レゾナンス」をテーマとした空間です。

cafe, kitchen, library, green, design
という5つの要素から構成されていて、
それぞれの空間で、自分に合った、
等身大の、気持ちいいエコを体感できるのです。
f0064823_462144.jpg



このお店のディレクションを手がけているのは、
大事な友人でもあり 
アルバム「Harmonious」とPV「The Never Ending Story」の
アートディレクションを手がけてくれた、
アートディレクターの森本千絵さんです。


f0064823_4103884.jpg


写真は、もう10年以上の付き合いになる団野氏、
またの名をDJ SASORI。
そして、元レーベルメイトであり
スペースシャワーでREAL RHYME TVというヒップホップ番組を
一緒に司会していたこともあるGAKU MC兄さん。
超多忙な2人で、ほんとにひさしぶりの再会でした。
いいパーティーだった。
大好きなひとたちがいっぺんに集まった貴重な時間でした。



kurkkuはココですーーーーーく くく

〒150-0001東京都渋谷区神宮前2-18-21 koti bldg.
オフィス : tel/03-5414-6273 fax/03-5414-6274
email / kurkku@kurkku.jp
キッチンご予約電話番号 : tel 03-5414-0944
f0064823_425927.gif

[PR]
by miuskmt | 2006-06-23 19:13 | days

先週の、DUOでのワンマンライブでは、
初めて、ダンサーに登場してもらうという演出にしました。


このライブは、
私の中に直感で浮かんだヴィジョンを
ひとつずつ形にしていったのですが、
ダンサーが、Memento Harmoniousで
踊っているところから始まる、というのは、
一番最初に自分の中で
演出上必要不可欠なシーンとして決まっていたことでした。


そのシーンが頭に浮かんだ時に踊っていたのは、
ダンス・カンパニー コンドルズの藤田善弘さんでした。
(くどいようですが、コンドルズ主宰の近藤良平さんは
『The Never Ending Story』のPVで舞ってくれています。)


それから、他の色々なアイディアも考えたのですが
結局は一番最初に抱いたヴィジョンに帰っていくことになり、
藤田くんにお願いすると、
快く引き受けてくれました。


彼は、私がイメージしている光景を敏感に感知してくれ、
説明はまったく必要なかった。


ルーツとなっている、
様々な要素を融合していきたい、
頭にどうしても浮かぶ世界を空間として表現したい、
そして それを、
こうやって必然で出逢っているはずの人々と創っていきたい
という願いに、今回初めて、
藤田くんのおかげで 少しだけ近づけたような気がするし、
その願いはもっともっと強くなりました。


f0064823_1563958.jpg

f0064823_15781.jpg

f0064823_1842549.jpg
f0064823_18422164.jpg


※この夏、コンドルズの日本縦断ツアーがあります。
ほんとにほんとに、見てほしい!
コンドルズ オフィシャルサイト
[PR]
by miuskmt | 2006-06-23 19:05 | music
Copyright ©1997-2005 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム