exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
PROFILE
5月生まれ。9歳の時、家族でニューヨークに移住。
97年1月、Ryuichi Sakamoto featuring Sister M名義でデビュー。
99年、本名で本格的に音楽活動を開始し、映画「鉄道員」の主題歌、そしてフルアルバム「DAWN PINK」をリリース。
05年11月16日、Honda企業CMに使用されている『The Never Ending Story』をリリース。
現在、音楽活動に加え、連載や映画評などの執筆、翻訳、ジュエリー・ブランド「aquadrops」のプロデュースなど 創作の幅を拡げ、日本/NYを行き来しながら猫と一緒に音楽漬けの生活をしている。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
INFORMATION
ニューアルバム『Zoy』発売中!
『zoy』

MIU SAKAMOTO MY SPACE

坂本美雨がプロデュースするジュエリー「aquadrops」ネットストア

"フジロック出演決定"
フジロックフェスティヴァルに、
おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)として 出演します。
是非遊びにいらして下さい

<FUJI ROCK FESTIVAL 09>

会場:新潟県苗場スキー場(新潟県湯沢町三国202)
7月25日19:45~(予定)
@AVLONステージ

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

「横浜開港150周年 開国博 Y150」
開国博『Y150』のパビリオン内で上映される
スーパーハイビジョン映像作品
「gift~未来へのおくりもの」テーマソングの作詞・歌を担当しました!

http://event.yokohama150.org/

場所:ベイサイドエリア/スーパーハイビジョンシアター

日時:4月28日(火)~9月27日(日)
10:00~22:00(1時間に3回上映予定)

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

<ZIP-FMレギュラー番組>
『中部電力 Future Standard』
ZIP-FM(ラジオ)
毎週日曜日/9:35~9:50

名古屋のFMラジオ、 ZIP-FM [77.8MHz] でレギュラー番組をナビゲートしています。
メッセージ募集中です!

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


アイスランドに行ってきました。
PAPER SKY(NO.27)の特集で掲載されています。
『PAPER SKY』

CLICK!?アイコン
「デコレ村の絵文字たち」

【sorato for au design project】
'sorato' for au design project
/Takagi Masakatsu+Miu Sakamoto
『sorato』
iTUNES Music Storeで配信が始まりました。
また、日本国内モバイル配信は、レーベルモバイル、ドワンゴ、ハドソン、ツタヤオンラインでも5月21日から開始されました。

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


川井憲次コンサートDVD発売
◆川井憲次さんの集大成として 昨年11月に行われたコンサート、 「川井憲次コンサート2007 Cinema Symphony」の LIVE DVDが発売されます。 サカモトもゲスト出演し、2曲唄っています。

amazonで購入する


細野晴臣 STRANGE SONG BOOK/V.A. -Tribute to Haruomi Hosono 2-
2008年1月23日発売(¥3999税込)
RZCM-45783~4/B
教授のレーベルcommmonsからリリースされる、 細野晴臣さんのトリビュート・アルバムの第2弾に参加します。
サカモトは、蓮実重臣さんと一緒に参加します。


詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


“せかいでいちばんあたまのいいいぬ ピートがっこうへいく”
矢野さんと一緒に絵本の和訳をしました。

NY在住の実力派デザイナー・イラストレーターで、 人気ブランド「ケイト・スペード」とのコラボレーションでも有名な マイラ・カルマン著の、とっても楽しい絵本です。

10月以降より店頭に並ぶ予定ですが(日程未定) アマゾンにて予約が始まりました。

「せかいでいちばあたまのいいいぬ」
¥1890(税込)
出版社:リトル・ドッグ・プレス
発売日:10月25日

購入はこちら!

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


坂本美雨の着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中!
着うた(R)サイト『Excite Music』では「THE NEVER ENDING STORY」をはじめ、着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中です!
是非アクセスしてみてください!
◆アクセスURL
http://music.excite.co.jp/
◆QRコード
QRコード

iTUNES MUSIC STOREにて配信決定!
5月24日リリースのニューアルバム“Harmonious”よりの9曲に DJ CLAZZIQUAI による「The Never Ending Story」の リミックスをiTUNES限定トラックとして新たに加えた 特別アルバムの配信が決まりました。

是非チェックしてください♪
D/L価格:¥150(1曲)/¥1500(10曲アルバム)
配信開始:6月14日予定

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。

12月12日、NEWアルバム発売決定!
「朧の彼方、灯りの気配」
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)
『朧の彼方、灯りの気配』
「朧の彼方、灯りの気配」発売中
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)

SPECIALコンテンツはコチラ


『Harmonious』 発売中!
『Harmonious』
YCCW-10024/ ¥2940(Tax in)
購入はこちら!

「The Never Ending Story」
シングルCD発売中!
The Never Ending Story
2005.11.16発売 CCW-30004
1,050(税抜価格1,000)
購入はこちら!

坂本美雨 NEWS LETTER配信!
春には、ニュー・アルバムの発売も決まったり、ワンマン・ライブも予定している坂本美雨の情報を、いち早く早くお届けする予定です。
配信には、登録が必要になりますので是非登録してください!
登録は、坂本美雨オフィシャル・サイトより!

坂本美雨へのメッセージはコチラへ
aquascape@miuskmt.com
LINK
CATEGORY 
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

カテゴリ:theater/dance( 41 )

【"リンゴ企画"出演】

ダンスカンパニーコンドルズ主宰・振付家の近藤良平さんによる
ダンスパフォーマンスシリーズ、
“リンゴ企画2009 立体絵本”に出演します。

http://www.session-house.net/ringo/ringo_project.html


(近藤良平さんは、
坂本美雨の「ネバー・エンディング・ストーリー」のPV、
アルバム「Harmonious」のジャケットにも登場している方です。)


リンゴ企画2009【立体絵本】
あの山羊達が道をふさいだ パートⅢ
『山羊ボー走』


振付・演出/近藤良平
出演/藤田善宏、坂本美雨、他オーディションメンバー

10月10日(土)19:00
10月11日(日)16:00/19:00
10月12日(月・祝)16:00/19:00

チケット:前売り¥3000・当日¥3500/
小中学生¥1000/高校・大学生¥2000/未就学児無料

会場:セッションハウス
(東京都新宿区矢来町158)
http://www.session-house.net/contact.html

☆チケットのお問合せ:セッションハウス
チケットのご予約は電話・またはメールで行なっています。
yoyaku@session-house.net
03-3266-0461

*どの場合でも、当日/会場でのご精算となります。


* * *


ちなみに、今日は!池袋西口にて
近藤良平さんが振り付けする「にゅ〜盆踊り」開催です。

<にゅ〜盆踊り大会>
8月23日(日) in池袋西口公園
近藤さん、コンドルズと一緒に楽しく踊って池袋をジャック!
浴衣推奨!事前申し込み不要!!当日ぷらっときてください。
雨天は要問い合わせ!
会場:池袋西口公園(池袋西口すぐ、東京芸術劇場前)
時間:17:30スタート
[PR]
by miuskmt | 2009-08-23 13:31 | theater/dance
先日、友達のゆーないとと一緒に
吉祥寺で大駱駝艦『穴』を観てきました。


今回のアトリエ公演は、村松卓矢さんの作・演出。

村松さんの作品は、
舞踏の中に日常のカケラを溶け込ませて
記憶と直接結びつけるような、
ほんとに独特な世界観。

それにしても、緑塗りにはびっくりした…。


この様子は、めでたくこの日 舞踏初体験だった
ゆーないとが『ぼーっとしたミーハー通信。』で書いていますのでご覧あれ。

でも、こんなにポップに大駱駝艦をレポートする人、
初めて見た…。

すぐに大駱駝艦事務所に溶け込んでたし。
すごいよ ゆーないと
さすがだよ



麿さんは、毎日いらっしゃるわけではないのですが
なぜか、麿さんが出演されていない公演の時も
お逢いできる確率が高くて
その度 とても嬉しくなります。

お話しするととても柔らかくて、
でも眼光が恐ろしく鋭どくて、
本当にかっこよくて 背筋がしゃん!とするのです。


f0064823_1351078.jpg

村松さんと。
なぜか緊張して顔の赤い自分。


ありがとうございました!
[PR]
by miuskmt | 2009-07-09 20:44 | theater/dance

昨日はパルコ劇場にて
りえちんが出演している『LOVE30』を観劇いたしました。

3組のカップルによる、短い2人芝居のオムニバス。
それぞれ、淡い恋がポッと浮き上がるようなお話。

ハッピーエンドというより、
やっとハッピースタートかな…?というところで予感を残して終わる。


みなさん、チャーミング!
そして、セクシーです。

りえちんは松重豊さんと「しゃぼん」という、
さびれた床屋さんでのお話。
(松重さんがかっこよすぎて、悶える私たち…。)
りえちん健気でかわいかった...。

これが3つの物語の中で、一番「わかるー!」と思った私は、
やはりファザコンなのか?

"顔剃り"に行ってみたくなってしまった。

パルコ劇場にて、21日までやってます。



その後、一緒に行った杏・中村あーちゃんと
ガレット食べ行こう!と
3人で色んな種類をシェアして、大満足。

f0064823_15341243.jpg

ご満悦あーちゃん。


-x-x-x-


雨が本格的に降り出すぎりぎりの頃、仕事しに早々と帰宅。

家に着いた瞬間にザーッと降り出した。

セーーーフ。
[PR]
by miuskmt | 2009-06-15 17:57 | theater/dance
朗読と音楽、迫力満点のサウンドとCG画像でお送りする舞台、
「氷山ルリの大航海」にて朗読をします。

温暖化や海洋汚染など、様々な環境問題に直面している地球。

絵本でも発売されている、
北極から遠い南にある氷の大陸を目指す
"氷山ルリ"のお話「氷山ルリの大航海」。

是非遊びにいらして下さい!


〜Audio & Visual Fantasy〜
「氷山ルリの大航海」

◆日程
7月28日(火)出演:三田佳子
7月29日(水)出演:坂本美雨
7月30日(木)出演:紫吹淳

◆開場/開演(各日2回公演)
①12:30開場/13:00開演
②15:30開場/16:00開演

◆チケット/6月20日、各PGにて発売予定(CN系列を除く)
大人:前売り¥2000(当日¥2500)
子供:前売り¥800(当日¥1000)

チケットぴあ:T:0570-02-9999(Pコード/615−637)
ローソンチケット:T0570-08-4005(Lコード/37434)

※全席自由席(開演1時間前より整理券配布予定
※未就学児童無料        

◆会場
横浜大さん橋ホール
http://www.hyozanruri.jp/akusesu.html


詳しくはこちらまで
http://www.hyozanruri.jp

お問合せ:「氷山ルリの大航海」実行委員会
T:03−3546−2366
[PR]
by miuskmt | 2009-06-13 01:31 | theater/dance
f0064823_14333233.jpg


デトロイトへ発つ前日、前から楽しみにしていた
大駱駝艦の舞踏公演『父壁(ちちかべ)』を観劇。

吉祥寺にある大駱駝艦のアトリエ "壺中天"にて。

ステージと客席の距離がとても近く、
踊り手の汗が熱気となって伝わってくる。

とても個人的な内容で、集中して見入った。


「父壁」というタイトルの通り、
今回の演出・振付・出演をされている団員の塩谷智司さんの、
若くして突然亡くなられたお父様への感情や葛藤。

ステージには圧迫感のある灰色の分厚い壁が立ちはだかり、
向こうに こちらにと ゆらゆら揺らめいて
塩谷さんのお父様が刑務官として働いていらした刑務所の壁を思わせ、

囚われるという感覚、
閉ざした小さな自分や、迷いや失ってしまったもの、
その向こうでうごめく整理がつかないままの心の中が
その壁の周りで人の身体によって肉体化されて。

でもぜんぜん美化されてはいなくて、暗くもなくて、
時たま声を出して笑ってしまったくらい。
身体の芯が震えるような笑い。
ジプシー音楽と舞踏も絶妙な溶け合い。

その「壁」を破壊するのでもなく、
単に乗り越える、ということでもなく、
というところがとても素敵だった。
飲み込むことなのかな。と。

壮絶 かつチャーミングで、
生々しいのに清潔感がある舞台。
作品を作った人自身の肉体からにじみでるもの。

大駱駝艦に「素敵」って言葉は似合わないかもしれないけれど、
やっぱり素敵だった。


f0064823_0403283.jpg

帰りに、年配のご夫婦が経営されているペットグッズ屋さんで
ちーちゃんへのお土産のキャットフードを購入すると、
レジでそこの店主に「子猫、いらないですか?」と聞かれた。

そこはペットを売っているお店ではないので
詳しく聞いてみると、隣の空き地で面倒みている子が3匹産んで
育児放棄したので、一応引き取って保護しているのだそう。

まだ一ヶ月未満の小さな小さな子供達。
ぐらっと心が揺らいでいたら、
奥の自宅から2匹を連れてきてくださった。

ご夫婦はもともと猫好きではなくて完全に犬派だったのに、
この子猫達のあまりの可愛さに
今は誰にもあげたくない気持ちが芽生えているらしく、
しかしすでに大きな犬が2匹いるので
さらにこれから猫を飼うというのは
年齢的にも娘さんに反対されているのだという。


とりあえず、いったん冷静になって、
『明日から海外なので、よくよく考えて、
帰ったらご連絡します』と約束して
後ろ髪を引かれながらお店をあとにした。

さあ どうする。
どうしよう。
[PR]
by miuskmt | 2009-05-09 14:38 | theater/dance
f0064823_23174185.jpg

自転車で通りかかり
ふわっと甘い香りに慌ててブレーキ、
自転車を降りて
大好きなハゴロモジャスミンが塀一面に育ってる場所に
しばらく立ち止まる。



昨晩はオーチャードホールにて
草刈民代さんの引退公演
『エスプリ~ローラン・プティの世界』を観ました。

すべての演目がローマン・プティによる振り付けで、
バレエというよりコンテンポラリーと呼べるような、
演劇的な要素も多い振付。
「人」がにじみ出る。

草刈さんがオープニングで踊った、
無視されても拒否されても懸命に恋して
恋人へ向かっていく「アルルの女」や、
一人芝居でチャップリンを演じたり
人形の女性と踊ったりするルイジ・ボニーノさんが
本っ当にチャーミングで、一気に会場が一体となる。

草刈さんの最後の踊りは「チーク・トゥ・チーク」。

これが本当にラスト?
と少しびっくりするような、ライトでコミカルな世界。

笑顔で手をふって舞台を降りる草刈さんが
毅然としたプロフェッショナルの顔と
無邪気な少女の顔と 両方のぞかせていて

もう…美しすぎた。

あんなに長いカーテンコール初めて。

もっと見たい、もうちょっとステージにいてほしい、
うるうるしながら 
手が痛くなるまでずっとずっと拍手。
[PR]
by miuskmt | 2009-04-25 23:17 | theater/dance
舞台「MISSING BOYs」ゲスト出演(4/22昼公演)


尾崎豊の曲から生まれたオリジナル青春群像劇、
『MISSING BOYs ~僕が僕であるために~』への
ゲスト出演が決定しました。
全編尾崎豊の楽曲で構成されるロックミュージカルです。


4月22日(水)14:00開演
会場:赤坂ACTシアター

MISSING BOYs ~僕が僕であるために~
赤坂ACTシアター1周年記念公演
出演:藤本涼、早乙女太一、中村あゆみ、やべきょうすけ、松本まりか、Song Riders、熊谷和徳 他
構成・演出:鈴木勝秀
http://missingboys.jp/

チケット料金(税込、全席指定)
S席¥10,000 / A席¥8,000
お問合せ:チケットスペース 03-3234-9999
http://missingboys.jp/TICKET.html

当日券は開演の1時間前より、劇場窓口にて販売いたします。

ーーーーーーーーー


公演期間中、毎日違うサプライズゲストが登場するようです。

私は22日のお昼の公演です。

ぜひお越しください!
[PR]
by miuskmt | 2009-04-16 10:30 | theater/dance
今日は、いろいろやりながらも
先日観た舞台のことを反芻しながら過ごしていた。
なぜか、頭から離れなくて。
こんなに終わった後に考え続けてしまうのは久しぶり。


55歳以上の俳優の劇団[さいたまゴールドシアター]による、
蜷川さん演出の『95kgと97kgのあいだ』。
清水邦夫氏の1985年の戯曲。


頭ではさっぱり理解できてなかったけど、
役者の身体に対し全身で受け止める、洪水みたいな舞台だった。


総勢70名の群衆。
"行列の芝居"の稽古をしている若者達と、
数十年前に同じ行列の芝居をしていた「あの一群」が交差する。

芝居の中に、芝居をしようとする現実の人々が生きているという、
考えだすとこんがらがる、何層にも重なる舞台。


不条理な世界の中で
架空の砂袋を背負わされ、指導者である青年に命令されるがままに
重い荷を担いで歩いていく芝居をさせられる老人達。

50キロ、70キロ、90キロ、95キロ…97キロ。
砂袋が重くなるにつれ、役者は苦しみ、
そして「演じよう」としている人には
指導者の青年からの喝が飛ぶ。

95キロから97キロのたった2キロの差は極限状態では大きな差。
その差を忠実に繊細に演じることに命をかけなくちゃいけない。
そんなことに意味があるのかはわからないけど
意味なんか考える余裕なんか与えられない。
その微かな2キロが、生きることのかたまりのよう。
たった2キロほどしかない塊が大きな意味を持つ。

虚構と現実の境目がわからなくなるけれど
そこにあるのは若い肉体と、
反発する対象が明確にあった私の知らない時代の歴史が刻まれた
揺るぎない肉体。

でもそれを生き抜いたからといって輝かしいかといえば、
それはすぐに笑い飛ばされ
それに浸ろうとした途端に『この思い出馬鹿!!』と罵倒されてしまう。


厳しくて、可笑しくて、清々しくて、
生々しい舞台だった。

意志とは別のところで涙がとまらない。


ゴールドシアターの劇団員の平均年齢は70歳。
その中に数年前に一緒にワークショップを受けていた時に
仲良しだったおばあちゃんを見つけて、
飛び上がりそうに嬉しかった。


ここに書いててもカオスな状態だけれど
頭の中はもっとカオス。


* * *

f0064823_15425268.jpg


あまり食欲がない時に作る、お豆腐とワカメのぷるぷるそぼろ。

絹豆腐を少量のごま油で炒め煮して、
チューブの生姜をたくさんまぜまぜ。
味付けはその時の気分で、お塩、だし醤油、豆板醤など。
(今日は少しゆず胡椒)。

そこに乾燥わかめをどさっと投入すると
水分を一気に吸ってくれてちょうどよし。
あれば、酒粕を少し混ぜてふわっと風味をプラスして、
大量の胡麻を入れて、梅干しで完成。

納豆を混ぜて炒めてもおいしい。
お豆腐だけだから何を混ぜてもどんな味付けにしても
たいてい美味しくなるので大丈夫。
木綿豆腐してちゃんと水分を抜いておけばもっとしっかりそぼろになります。

お米を食べる元気がない時にずずっといただきまーす。



夜中、録画しておいた『私の1冊 日本の100冊スペシャル』を観て、
改めて本棚を眺めてしまう。

引っ越した時にずいぶん整理したけど
またずいぶん増えてしまったなぁ。
[PR]
by miuskmt | 2009-03-30 01:43 | theater/dance
f0064823_11534910.jpg


先日、早乙女太一さんの公演を見に行かせていただいた。
完璧な、美しい女性像に、胸がつまる。

この目の前の女性に、もうちょっとだけ、
できるだけ長く、微笑んでてほしい、と、
恋した男の人のようになって、思ってしまう。

この瞬間だけ、止まればいいのに!という、
美しい夕陽を目にした時に近いような感覚。


ここ何日か 
"蝶々"がキーワードになっている事が続いて、不思議。

何か、パッと目に入ったり、
コメントを書くので前日に観ていた映画「悲夢」でも
蝶々が重要なシンボルになっていたり。


* * *


買って間もない遠赤外線ヒーターが壊れた…
つかなくなっちゃった。
まだ部屋の暖房は一回もつけていないのだけど、
やむを得ないか…


1/16「PAPERSKY」アイスランドトークショー詳細はコチラ☆
[PR]
by miuskmt | 2009-01-14 12:09 | theater/dance
今日は、演出家の青井陽治氏立ち会いのもと、
森山開次さんと『LOVE LETTERS』の読み合わせでした。


今まで味わったことのない種類の緊張感があり
歌う時とも他の仕事の時とも違う集中力が必要で
終わった瞬間に2人とも ふにゃ〜〜っと
机にぐったり倒れてしまったのだけど


ほんとに…奥深い世界。


アンディーとメリッサという幼なじみの物語ですが、
読めば読むほど、2人を好きになってゆく。

相手のアンディーが大切すぎるがゆえに
時に思いっきり憎らしいし、愛しい。
開次さんのアンディーはたまらなく魅力的です。

感情があっちいったりこっちいったり

メリッサも、私自身も、体当たりだ。

どうなるのか、瞬間瞬間で変わってくるから
すごく怖いけれど。


いよいよ、明後日です。
ぜひ、お越しください。


f0064823_3512524.jpg


【ラヴ・レターズ】

1990年よりPARCO劇場にて幕を開けて以来、
同じ1つの台本を延べ350組のカップルが演じてきた
感動の朗読劇「ラヴ・レターズ」。

坂本は、敬愛する舞踏家、森山開次さんと共演します。

2008年12月12日(金)19時開演

出演:森山開次、坂本美雨

会場:ル テアトル銀座by PARCO

チケット:¥5000(全席指定/税込)
e+:http//eplus.jp/loveletters/
チケットぴあ:0570−02−9999(Pコード:390−790)
ローソンチケット:0570−08—4003(Lコード:33060)
当日券:原則として先着順での販売となります。
開演の60分前よりル テアトル銀座 3F受付カウンターにて販売いたします。

http://www.parco-play.com/web/play/loveletters/

* * *
[PR]
by miuskmt | 2008-12-10 04:06 | theater/dance
Copyright ©1997-2005 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム